「ほっ」と。キャンペーン

月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

子供のころから よく見る夢がありました。

どのような状況であれ 一人 取り残されて 哀しくて泣いていて 泣きながら目が覚めるのでした。
そういえば そういう夢を見なくなったのは何時ごろから かしら。
そんなに昔ではないような。

今朝 その類の夢を見ていて でも 状況は変わっていて、取り残されるのではなく そこにいるメンバーに 拒絶され 呆然とし、怒りが湧き上がってきて 、目が覚めてるような覚めていないような状況で 自分が その時に言い放つ言葉を考えているのでした。
たった一人取り残される のではなくて そんな人たちとはこちらから さようなら と決然と思っているのでした。

こういう類の夢は 初めて、のような気がして つらつら、と考えています。
折々、深いところからのメッセージ を夢からもらってきたように感じていますが、今回の夢も そう感じます。

こころの深いところで起こっていることを意識にあげて 自分なりの納得をしないと気が済まないたち なので、これはその行程の一つのきっかけと ありがたく思うことにしましょう。

今日も東京の空は蒼い ですねえ。




[PR]
# by fuko346 | 2017-02-19 12:02 | おもいつれづれ | Comments(0)

土筆

a0236300_11432219.jpg
土筆を見つけました。
山里は まだまだ凍てついているであろうに、ここは もう 春、です。
a0236300_11450091.jpg
ここは 武蔵野の面影を残した 広大な都立の公園が近くにあり、それはとても気に入っているのです。
冬木立も なんとなく 枝先がざわめいているよう。

と ゆるゆる散歩をしているわけではなくて、市役所仕事で ぽくぽく歩いているのです。
郊外のこと 車は家人と一緒に帰ってしまったので足は無く そういうときは もう ぽくぽく歩くのでした。
バスを使うと 乗り換えて40分くらいはかかってしまうのですが 歩けば30分。
ええい 銀行行くのも 帰るのも バスを待つのはめんどうだ、と ぐるぐる回って ぽくぽく歩く。
ということで こちらでは とてもよく歩くのでした。
普段 歩いていないので 歩けるときは 意識して 歩くのでした。
ま 歩くの 好きなんです。

ところで 今回の上京の主目的は 母の四十九日と納骨。
そして 父の税金の申告です。(収入はこれしかありませんよ という証明のため)
三年目ですが 毎年 いうこと違うぞ。
それが終了したので 次は 相続にかかろうかとちょいと話を聞いたり書類をもらったりしています。
いやあ 両親のことでは いったいどれだけの書類を書いて ハンコを押したことでしょう。
お相手は官か 半官か 金融機関だったりするのですが 紙 もったいない、、、。
相続については もう相続税なんて ぜ~んぜんかんけいな~いくらいのものに、こんなに書類がいるの?
みなさん こんなこと なさっているのね。
手間がかかるようですが 経験として ぼつぼつ これも一人で完結させましょう。
お仕事は続く。



え、通帳も作らなくてはいけないの?




[PR]
# by fuko346 | 2017-02-17 12:06 | おもいつれづれ | Comments(9)