月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

飯道山は寒かった

ご近所さんの飯道山へ 思いついて登ってきました。

a0236300_1112118.jpg
里にはまったく雪などありませんが、いつ降ったものやら溶け残っています。
骨に染みいるほど寒い中をテクテク歩きます。
身体は汗ばむのですが、風にあたる顔が冷たくて冷たくて、全体はちっとも暖まりません。

a0236300_1120212.jpg












二つの峰のうち一つに建つ 飯道寺
往時は山中に30以上の堂宇の立ち並ぶ修験者たちがたくさん籠り参拝人が列をなした、立派な寺社だったそうで、その名残の石垣はそちらこちらに苔むして残っています。

暗く茂る杉木立の下に鎮まる その石垣を見ていると、そこに建っていたであろう堂宇、歩きまわる修験者、詣でにきた人たちの幻が 浮き上がってきるようです。

この日は晴れ、時々曇りのお天気でしたが、湖北に垂れこめている雪雲からときおり、風花が落ちてきて、それが陽にきらめくのがとてもきれいでした。

a0236300_11315586.jpg















住まいする山里が目の下にあります。
ほんとに山に囲まれていますね。
あの山々を超えてゆく、三重 京都 奈良へ抜ける道があるのです。

a0236300_1138258.jpg
もうひとつの峰に登り返して山頂からの眺め。
琵琶湖側です。
三角形の三上山が見えます、左手にうっすら湖面が見えるのですがよくわからないかもしれません。湖北は雪雲に覆われています。








a0236300_11434977.jpg
山頂に温度計がありました。
あまりみかけませんが、ここが低山のわりに寒い場所だってことを知らせたい人が取りつけたのかしら。
この場所は陽が当たっているのでがこの温度です。
風の当たる体感気温は さらに低く、寒くていられないので、少し下った風の来ない場所で、おにぎりと暖かいラーメンと、デザートのコーヒーを飲み、それでも寒いので、さっさと降りてきました。
冷え切った身体は、家のこたつに一時間入っていてもまだ冷たくて、骨の髄まで冷えるってこんなことかしら、と思ったことでした。
下手な雪山より冷えますので、おいでの方は暖かくして来てくださいね。









a0236300_11524269.jpg
楽しいお散歩でした。
[PR]
by fuko346 | 2012-02-13 11:56 | 山と温泉と旅 | Comments(6)
Commented by Tomoko at 2012-02-14 16:51 x
こんにちは。
冬枯れのピーンとしていそうな山道を歩くのもよさげですねえ!
ご近所(?)にこんな道があるとはちょっとばかり羨ましくもあります。緑の季節には鳥や虫をいっぱい見つけられそう♪
ああ、このふた月ほどカラダを動かしていなくて、くすぶり気味です。
Commented by fuko346 at 2012-02-14 23:07
tomokoさん
こんばんは~。
はい、とっても気持ち良かったのでした。

御近所とはいえ、そこまで行かなくても裏山登ってりればいいのでは、という声も聞こえそうなところに住んでいます。
自然い~~~~っぱい。(有り過ぎかも)

今はちょっと寒いけど、春が兆してきたら、ぜひ、お山歩きをおすすめいたしますう。
すきっといたしますよ。
Commented by あふみ at 2012-02-15 09:10 x
霜が冷え込みを現していますね~ 

そちらからだと三上山はそんなふうに見えるのですね。
うちからだと山の頂上が虫歯(笑)のようにへこんで見えます(笑) そんなに高い山でもないのに ランドマークですよね☆
うちんちも逢坂山に上ると見えてますよ~
Commented by fuko346 at 2012-02-15 14:58
あふみさん
ほんと三上山はランドマークですね。
新幹線からもよくわかります。

虫歯のよう?
逢坂山にのぼって見てみたいです。
ご一緒してくださいまし。(^v^)
Commented by 神奈川絵美 at 2012-02-15 23:53 x
こんにちは! いかにも寒そう~そして足元は、すべったりしないのですか?(すみません素人なもので)。山頂から開ける風景は解放感があっていいですね。
Commented by fuko346 at 2012-02-16 12:19
神奈川絵美さん
このくらいなら 気をつけていれば滑りませんよ~。
積もっても雪ならそう滑らないけど、凍っていると怖いですぅ、
ってそうくとこには、もう行くことはないかな。

下界を眺めて気持ちがいいのはなぜかしら。
ぱ~~~っと景色が広がるからなあ。
暗い樹林を歩いていく時間が長いほど、開けたときはうれしいから、やっぱり広々しているのが気持ちいいのでしょうね。