月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

つんつん と 初音

a0236300_1811232.jpg


久しぶりに感じる暖かい太陽が一日照っていた 今日。
少し遠くの竹やぶで 鶯のさえずり を聞きました。

あ、初音

庭に何か春の気配がないかと探しましたら、ありました、水仙の芽が出始めています。
つんつん つんつん。
ついせんだっての最低気温はマイナス8度でしたのに、凍れる土のその下には、じっと息をひそめた命が待ちかまえていたようです。

吹きだしたその緑の力強いこと。


心が萎れることがあっちでもこっちでもあっても。
負けるな 逃げるな。
まきこまれたりはもうしない、と決めたのですから。
できることを、、、何十年も考えて、出した結論を信じて 生きよう。
自分を殺して生きることは 止めたのですから。
[PR]
by fuko346 | 2012-03-03 18:13 | 山里便り | Comments(2)
Commented by Tomoko at 2012-03-05 08:17 x
4〜5年前に、ある方から「本当の自分を見て、本当の自分を生きなさい」と言われました。
はじめはその意味がわかりませんでしたが、崖から真っ暗な谷底へ転落したかのようなこと(人さまから見れば他愛ないことですが)が起きたそのあとに、ようようのことでその言葉の意味を知り、徐々に本当の自分として前に進めるようになりました。
そのときの一歩も、この芽吹きのようなものだったのかな〜と今思います。
Commented by fuko346 at 2012-03-05 14:55
tomokoさん

こんにちは。
そういうことを言ってくれる人が傍にいることは貴重なことですね。
そう言ってもらえるtomokoさんも素敵な方なのだと思います。

本当の自分って難しいですよね。

とわられなく自由にらくらくと生きたいと願いますが、最後まで課題なんだろうなあ、と思います。