月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

ほころぶ

a0236300_12171213.jpg


今か今かと待っていた ササユリ が 今朝 ほころび始めました。
うれしいこと。

居間から見える すぐそこの裏山の斜面に自生しているものですから、毎日 何度も見ては、咲くかな 咲くかなと 待っていたのです。
細い茎が伸びてくる頃は あたりにある笹とよく区別ができず、蕾が付き始めると あ、今年も咲くのだわ、とわかります。
昨年は5株に花がついたのですが 今年はみっつしか見当たりません。
どういう加減なのかしら。

蕾は少しずつふくらんで、この細い茎と細い何枚かの葉と、それらから養分を全部すいとるようにどんどん大きくなり、咲く頃には茎がしなうほどになります。
その頃の蕾の紅は、妖艶さを感じされるほどの色になります。

このごろ 美しいと恐ろしいは、とても似ている場所にあるなあ、などと感じています。
ほんとに美しいものは この世のものでないような そんな気配を漂わせているものなのかもしれません。
[PR]
by fuko346 | 2012-06-13 12:27 | 山里便り | Comments(8)
Commented by team-osubachi2 at 2012-06-13 14:46
わあ〜羨ましいコト♬ 百合の中では鉄砲百合とこの笹百合が好きです。もっとも、残念ながら自生して咲いているところはいまだ見たことがありませんけども・・・。

>美しいと恐ろしいは、とても似ている場所にあるなあ、などと感じています。
同感です。生命と究極の美、死と極限の静謐とは隣合わせなのかもしれないなあ〜・・・と、タクラマカン砂漠のど真ん中でそんなことを思ったことがありました。テレビでみた摩周湖の湖底もそんなカンジで。
Commented by macska at 2012-06-13 20:57 x
また今年もこちらで笹百合を拝見できました、
季節をありがたく楽しませてもらっています。
不安定な気候ですが律儀な木々や草花には、
確かに恐ろしくもありますが、ほっとさせられます。

またいつかご一緒させて頂けると嬉しいです。
着物のことや、色々なことを教えて下さい。
Commented by fuko346 at 2012-06-13 23:56
tomokoさん
どちらかというと関西に多いのではないかな、、、
私も東京にいるときは よく知りませんでした。

しみじみ美しいです。

タクラマカン いらしたことがあるのですか。
いいなあ、砂漠に立ってみたいです、夜、行ってみたいです。

>生命と究極の美、死と極限の静謐
ほとんど同じものなのではないか、と感じます。

そういうことを感じるニンゲンって生き物は不思議な存在ですね。
Commented by fuko346 at 2012-06-14 00:00
macskaさん
喜んでいただけてうれしいです。
気温に影響される草花は今年は開花がめちゃくちゃです。
ササユリは日照に影響される種類かもしれません、例年と変わらず時期に咲いてくれました。
でも、何で花が減ったのかな~と、じとっと眺めているところです。

京都か琵琶湖あたりにおいでのときはご連絡くださいね。
メールは fuko346*excite.co.jp(*を@へ変更してください)。
Commented by 神奈川絵美 at 2012-06-15 23:50 x
こんにちは。こんなに細い茎なのに、曲がることなく可憐な花を咲かせるササユリ。健気ですね。
>ほんとに美しいものは この世のものでないような 
方向性が違うかも知れませんが、私、先日バレエで実感しました。
そういえばお能なんかも、美しいと恐いが同居しているかもですね。
Commented by つきのこ at 2012-06-16 10:43 x
風子さん、こんにちは。

ササユリ、咲きましたか!我が家はまだまだです。
あの色、あの形、あの香り、毎年たのしみですが、
やはり年々少なくなっているんですね。
日本画家の松井冬子さん、機会があれば是非オススメです!
美しいと恐ろしいを見事に表現されていて、
私は大好きなんです。横浜美術館で3月に開催された時、
やっと実物の絵画を拝見でき、心揺り動かされました。
また見たいものです!
Commented by fuko346 at 2012-06-17 11:06
神奈川絵美さん
こんにちは。
そうなんです、ほそいほそい茎が蕾がふくらむにつれて
しなってきて、折れないのかなという感じになるけど、
折れない。強いですね。

お能は良いものは 怖さがあります。
が、そういうものは滅多とお目にかかれないかもしれません。

歌舞伎でいうと、玉三郎さんがきれいで怖かったですね。
Commented by fuko346 at 2012-06-17 11:12
つきのこさん
こんにちは。

そちらはまだですか?
あれ~こちらのほうが寒いはずですのに。。。

今一輪咲いていて、あと二輪のつぼみが膨らんでくるのが
居間から見えます。
一本は切り取って 玄関に飾るつもりです。

松井さんの絵、どこぞで見た記憶があります。
個性的な絵ですね。
機会があったら ゆっくりと本物を見てみたいです。