月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

西陣へ

 お知り合いが、西陣へきものの展示会へいかれると聞き、それでは、と混ぜていただきました。
あちらこちらと伺ってはいますが、まだまだ知らない工房、問屋さんなどはたくさんあり、やはりご縁がないと、それらを目にすることはありません。

今回も おそらく今まで目にしたことない工房の作品だったのではないかと思います。
知らなかったテイストのものを見るのは、とても楽しいです。

それからいつも書いていますが、お知り合いが、あれやこれやときものを巻いて、どれにしようか、こちらが似合うかしら、と選んでいるのを横で見ているのはとても楽しいものですし、反物としてみているときと、纏ったときの印象が、がらっと変わるのをみるのも、いつもながら興味深いです。

これならきっと似合うだろうというものが、顔うつりが悪かったり、意外なものが似合ったり、不思議なものですね。 

楽しい時間をありがとうございました。

a0236300_2350473.jpg
きもの 綿薩摩の糸と大島の糸の単衣紬 永江織物
帯   麻 型絵染 九寸名古屋

このきものは梅雨の時期に重宝します、永江さんとこの試作品とお聞きしましたが、その後販売されていないのは残念です。とてもきもちの良い布なんです。
「この生地は何?」と聞かれることも多く、話題性もあって好きな一枚です。

帯は若い 型絵染作家の方のもので、ほおずき、の柄。
この帯もとても評判がいいので、しめていてうれしいのでした。




a0236300_23554377.jpg
全体の雰囲気が分かるかな、と上から撮ってみました。

足にはごま竹の下駄、手には沢くるみの籠を持っています。
先日よりはきちんと下着も来ていますし、気楽だけど、ちょっとおめかしのバージョンです。
こういう装いが一番 身体も気持ちも楽で、きていても楽しいのでした。







そんな楽しいときには、よく「楽に着ていますね」とか「着なれていますね」とか声をかけていただきます。
素敵ですね、とか きれいですね、というのはあまり聞かないのですが、ふと、それって、、、あれ~、と、帰ってきものを脱ぎつつ、首をかしげてみたことでした。
[PR]
by fuko346 | 2012-06-21 00:04 | 今日のきもの 夏 | Comments(4)
Commented by すずらん at 2012-06-21 22:05 x
きれい、とか素敵、とか言われるより
着なれていますね、楽に着ていますね
って言われるのが着物好き冥利に尽きますね。
今日の装いも風子さんらしいです。
あ、あなたらしい装い、って言われるのも嬉しいですね!
Commented by fuko346 at 2012-06-22 11:05
すずらんさん
>着物好き冥利に尽きますね

そうでしょうか、じゃ、喜んでいいのね(^v^)

そういえば、いつも素敵な着姿のすずらんさんも、「すずらんさんだ!」って感じですものね。
その人らしく 自然に着ているように見えるのがベスト、なんで
しょうね。

でも、ときどき 「いつも」を外したくなりませんか?
Commented by amethyst at 2012-06-23 02:31 x
ミントグリーンの綿薩摩にほおずきの朱オレンジが
夏のはじまりを感じます。
この着物のしなやかさが、着慣れている風に
一役買ったことでしょうね。
むしょうに単~夏時期がきになってきました。
でも着物も少ないですが、
対応する小物がぜんぜんそろってないのが
はがゆいです。

風子さんのようにパッとお出かけした時に
小物をピックアップできたらいいな~
Commented by fuko346 at 2012-06-23 20:41
amethysさん
お久しぶりです。

この画像が 夏きものへのお誘いになればうれしいです。
夏は 格別よすよね~、美しい布がたくさんあって。

私も夏ものの 小物はあまり多く持っていません。
その中から あれかなあ これかなあ。
楽しみにの一つですね。

たくさん 着てくださいね。