月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

観察不首尾

a0236300_22145918.jpg


モリオアガエルの卵隗。
しばらく留守にして帰ってみると、小さいほうのはあとかたもなく消え去っており、大きいほうはこんなふうにひしゃげていました。

半分、オタマが落ちた状態で お天気続いて固まってしまったのかしら。
また雨に濡れたら 出てくるのかしら。
でも、中の黒いもの、オタマだと思うけど、動きません。

異常気象、オヤカエルが、天気を読み間違ってしまったのでしょうか。

観察失敗、です。

池にはオタマが泳いていますが、、、、。
どの子がどのカエルなのかわかりません。

池にはイモリヤゴやら、オタマをごちそうとしている生物もわらわらいるので、のぞいてみてもわからないけど、熾烈な生存競争が行われていると思われ、ここからいったい、何匹のモリアオガエルが、ちゃんと大人になれるのかしらん。

と、池になにやら違和感を感じてよく見ると、これまで見なれなかったものがあるような。
15cmくらいの 緑色の まるいひらぺったいものが、浮いている。
なにかしら。

ふと、「家守奇譚」に出てきた 河童の忘れ物を 思い浮かべます。
琵琶湖までは遠いな、、、
なんか飛んできたのかな。

日々大きくなるぞ。
はて。
あ、そうだ 蓮の種をいくつか 春にぽとぽと落としておいたのだった。
東京往復で煩雑に暮らしていて 忘れていました。
芽吹いていたのね。
今のところ ひとつだけだけど、もっと出てくるかな。

来年は花が咲くかしら。
うれ しい。
[PR]
by fuko346 | 2012-07-18 22:29 | 山里便り | Comments(4)
Commented by つきのこ at 2012-07-20 08:32 x
蓮が芽を出したのですね。
案外成長が早いので葉もぐんぐん大きくなるかもしれません。
池の中の世界は、人間界と違って共生共存が
うまくいっているかもしれません。

我が家の水甕の中は良い感じで循環しているように
思います。
メダカの搬送は生き物の部類に入るそうで・・・、
難しい、、、。

Commented by fuko346 at 2012-07-20 22:45
つきのこさん

蓮、葉が二枚に増えていました。
あは (^v^)
今から いつ花がつくかしらとわくわく、です。

そちらの水甕は、メダカちゃんがいい活躍をしているのでしょうね。
搬送?
お引っ越しを考えてくださったのかしら。。。

恐れ入ります。
Commented by 神奈川絵美 at 2012-07-20 22:52 x
こんにちは。蓮の芽が出たなんて、嬉しいですねぇ。友達が古代ハスを育てていて、3年経つけど花はまだ…なんて話をしていました。どのくらいで花が咲くのか私もよくわかりませんが、楽しみですよね。
今年の異常気象…庭に巣を作ったメジロが雨に打たれてもじっと卵を抱いていて、泣けてきます。卵、孵る気配がなくて…先日は35℃、今日は23℃、厳しいですよね。
Commented by fuko346 at 2012-07-21 00:11
神奈川絵美さん
はい、葉を見つけたときは小躍りしたくなりました。
そこらにあるものではなくて、古代蓮は気難しいのかもしれませんね。
こちら、来年さくかな~なんて、気が早いことです。

メジロちゃん けなげですね。
今年の夏は、変な夏。
先日はここの記録を取り始めていらいの最高気温でしたのに、今夜は、冷たい風が吹いています。
雛が無事 孵りますように。