月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

セミの視線

a0236300_126633.jpg

立秋を過ぎ、残暑の季節になりました。

だからということも無いのでしょうが、急に風向きが変わり、日向はじりじりの暑さですが、室内にはそよそよと涼風が足元を過ぎていきます。
北の高気圧が張り出している模様です。
南の高気圧のときと風向きが反対になるのを面白く感じます。

高く澄んだ蒼い空に、燕が行きかい、白い雲がところどころに浮いて、あたりにはセミしぐれが満ちています。
昨日は 百舌鳥 今日はツクツクホウシの音を聞きました。
あれ、秋の気配。
まだお盆前なのに。

今年の夏は短いのでしょうか。


で、この網戸にひっついているセミですが、こっちをみています、、、よね。
カメラの視線と合ったような気がします。
虫も動物も鳥も、網戸やガラス窓のこちらには想像がつかないのか、見えないのか、けっこう無防備な姿を見せてくれます。
写真に撮ってはじめてセミの目をまじまじ見ました。

「や どうも」

向こうはどう感じているのでしょうか。
[PR]
by fuko346 | 2012-08-09 12:18 | 山里便り | Comments(4)
Commented by さくらこ at 2012-08-09 12:35 x
夕べは油セミの羽化に付き合って
蚊に刺されまくりました^^;
今年も翡翠色のセミに会えましたよ。
縮こまった羽がゆっくり広がる時に
セミさんと目が合いました。見られてて迷惑だったかな?
Commented by team-osubachi2 at 2012-08-09 22:12
セミと目を合わせるなんてめったにないコトですねえ〜、いいな♪
うちの相方は、セミの幼虫の土中での暮らしを
「居心地がよくて楽しいんだと思うな〜」といいます。
ホントかい?・・・まあ、そうかもしれませんが、
ホントのところはセミにきいてみなければわかりませんね。(笑)
Commented by fuko346 at 2012-08-09 22:16
さくらこさん

羽化のときはまったくの無防備。
きっとセミはドキドキしていたのではないでしょうか。

ここらセミだらけだけど、山のほうで羽化するのか、庭あたりでは
あまり抜け殻も見られません。
見たいなあ。

あのきれいな翡翠色、誰に見せる色じゃないのですよね~。
Commented by fuko346 at 2012-08-09 22:20
tomokoさん

ここらは虫だらけなので、けっこう目が合います。
動物も合います、鹿 うさぎ、青鷺、いたち、カメ、猪、え~~~~っと
もっといたような、、、笑

セミにとって土中は少なくても上よりは安全でしょうし、子孫を残そうと
必死にならなくてもいいから、相方さんのおっしゃるように楽しいのかも。
あれ~~~、そんなこと考えたことなかったけど、考えはじめると
悩みますね。
そういえば、セミって飛ぶの下手で木の幹にごちごち当たっていたり
するからな~~~、地上は大変なのかもしれません。