月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

やっと新米を

a0236300_1226118.jpg

新米 一月ほどまえに収穫は済んでいたのですが、昨年のものが残っているうちはそれを食べねばならず、やっと美味しいお米を食べられるようになりました。
去年のお米がまずいわけではないのですが、鼻先に新米があれば やはりそちらに気がいってしまうのでした。

以前、舅が生きていたころは予備にととっておいたお米が暮れぐらいまであり、お正月すぎに新米、なんてこともけっこうありました。
せっかくお米 作って 余所には新米を分けているのに、なんで作っているところがいつまでも昨年のお米を食べなくてはいけないのか、と不思議でした。
今は 夏を過ぎてまだ残っているものは、安くはなってしまいますが売ってしまうことにしています。
といっても精米したものは売るわけにはいかないので、せっせと消費に励み、やっとこ口に入った次第です。
美味しいですね、新米は しみじみ。

下に写っている袋は 玄米30キロ入りの袋、それを精米してきます。
お米屋さんとかに並んでいるのを見た方も多いかと。

この玄米入りの袋が一年分、蔵にいくつか置いてあって、それを見るとちょっと贅沢な気持ちになるのはなぜでしょう。
もともとそういう暮らしに慣れている人はなんとも思わないのでしょうが、「ここに米があるぞ」っていうのは 町育ちの私には新鮮です。
基本 飢えませんものね。

自家製味噌と自家製梅干し そこらにある草と、山水。
火はそこらじゅうにある木を切って薪にすればいいのですし。
しのげますでしょ。
最悪 そこらじゅうにいる鹿を狩りましょう。(鉄砲ないけど網にひっかかりそう)
物が溢れている現代日本で そんなこと考えている人は少ないと思うけど、なぜか 私は そんなことを時折 思ってしまうのでした。
[PR]
by fuko346 | 2012-10-18 12:43 | 山里便り | Comments(8)
Commented by すずらん at 2012-10-18 21:40 x
いいな、いいな~。
一年中新米が食べられるなんてうらやましい!
炊きたての新米に粗塩をぱらっとかけて、はふはふかっこむのが好きです。
Commented by fuko346 at 2012-10-18 22:18
すずらんさん
粗塩ではふはふは 新鮮な食べ方!
うちは新米になってから 二三日は、最初におかずを食べずに まずお米だけしみじみ食べて、美味しいね===、って言っています。笑

そうそう お米美味しいと塩だけのおにぎりも美味しいですよね=。
Commented by team-osubachi2 at 2012-10-19 14:43
ああ〜、秋はいい季節ですねえ〜。
新米、やっぱりまずは塩むすびにしたくなっちゃいます(笑)。
奥能登の揚げ浜製塩の浜士のおかみさんは
炊き上げる前にお釜に塩をふたつまみほど入れて炊いていました。
なるほど、そういう手もありますかねえ、って思いました。
Commented by fuko346 at 2012-10-19 22:21
tomokoさん
炊くときにお塩を入れる ほう それはいいかも。
能登で作ったお塩なら もういうことありませんね。

お米の美味しいのは ほんと 幸せ です。
Commented by gacchosan at 2012-10-19 22:30
いやぁ~、参りました。
精米してないとはいえ、一袋出てきてしまって・・・
新米を目の前にして我慢できませんので、とりあえず新米を味わってから古米処理(正月くらいか^^;)することにします。うまいもんは宵に食え!ご先祖様のおっしゃるとおりに(笑)
Commented by fuko346 at 2012-10-19 22:51
シュレさん

そのお気持ちよくわかります。
「ひえ!」ですよね。
うちは 新米食べちゃうと古いの食べられなくなりそうで、
以前は ぐっと我慢して古いほうの消費にかかっておりました。
でも、無いと思ったら出てきてしまったら どうしましょ。
Commented by macska at 2012-10-22 12:12 x
米蔵に山なりのお米の袋、日本昔話の様な光景です。
こちらは、毎回、5キロで精米してもらう、小口消費者です。
本日お米の在庫がなくなったので、午後に買いにいく予定です。

そう、飢えないって素晴らしいですね。
今は流通とかがきちんとしていますけど、
ちょいと蛇口を閉められると、あっと言う間だと思いますよ、
食料不足になるの。
私もそんなことを考えたりはするのでした。
Commented by fuko346 at 2012-10-22 13:33
macskaさん
この国の自給率ってとっても低い、私は不安です。
自国に余裕がなくなれば、売ってくれなくなるのは
目にみえていますもの。
そんなこと考える人は少ないのでしょうね。

うちも二人になってから お米の消費は減り
ました。淋しいような 楽になっていくような。