月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

きもの業界の新しい力

なんて たいそうなタイトルにしてしまったけれど、、
ここ少し前から感じていたことですが、お会いするきもの業界の若い方たちに、新しい力を感じます。
失礼ながら御年を召した業界の方々からは、その業界の 「まあ あれやこれやたいへんなこと」をずいぶんお聞きしたように感じています。
たいへんな状況が変わったわけではないでしょうが、でも、だから、それを変えて、少しずつ広く、遠くへ、この美しい日本の技術と文化を伝えて行くことに努力しよう、という気概を感じるのです。

私がきものを普通に着始めた頃、呉服業界って呉服屋さんからして ミラクルワールドというか、ダークワールド、というか、近寄りがたい感じでしたもん。

で、本日のおでかけです。
お友達と二人、五条の 蕎麦の実 よしむら でお蕎麦を食べて、向かったのが、

a0236300_22222097.jpg

素敵な作品の並ぶ、こちらの展示会場
私が しのごの書くよりも この取り組みについてはサイトをご覧ください。

きものアルチザン京都

a0236300_22301693.jpg たくさんお話を伺って、記念写真までお願いしてしました。
お二人の情熱が伝わってきて、きもの好き 布狂い、としてはとてもうれしかったのです。









この展示は明日、11日まで、です。
きものアルチザン京都 temporary shop
information
日時:2012.11.10-11 / 11:00-16:00
場所:絞彩苑 種田 内、ギャラリーにて
京都市下京区柳馬場五条上る 
tel. 075-351-4581

地図:http://goo.gl/maps/ZHF1U

アクセス:
京都駅から1.5kmタクシー5分
地下鉄五条駅徒歩5分、京阪清水五条駅徒歩5分

・会場では、きものアルチザン京都に参画している作り手の作品をお買い求め頂けます。販売する商品の一部を明日からfacebook上でご紹介致します。

この期間限定ショップは、着物を着ることを楽しまれているお客様にお越し頂くためのものです。京都に根ざし日々真剣にものづくりに取り組む各社の作品をゆっくりご覧頂ければ幸いです。

※13時-15時に着物でご来場の頂いた皆様には、ポートレートを撮影しはがきサイズのカードにしてプレゼントさせていただきます。(数に限りがありますので予めご了承くださいませ) 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ポートレート しっかり撮っていただきました。
うれし恥ずかし。


a0236300_22475749.jpg その次にはこちらへ。
京都絞り工芸館で行われていた 更紗展
更紗 バティック と見ると 行ってしまう悲しい性(?)
インドネシアの古いバティック収集品の数々は、目の保養。
インド茜で染めた その色は 時を経て 渋くますますその美しさを増しているように感じました。
インドネシアといっても、地方 地方で特色があるのも よくわかりました。
これが個人の収集品というのは 驚きます。
こちらでも、お若い方に この展示のことも 絞りのことも たくさんお話を聞き、興味深かったです。
ここでも、単にきもの、に限らず ファッション業界 外国にも目を向けておいででした。
京都絞り工芸館のサイトはこちら

どちらも、とくにお買い上げ、もない客に とても熱心に対応してくださり、楽しい時間をありがとうございました。

a0236300_2324887.jpg

きもの 草木染め紬 (胴抜き) 岩崎さん作
帯   塩瀬地 チャンティン染め 九寸 橋本さん作

この紬布の美しさをお伝えしたく 写真を大きくしてしまいましたが、やはり 布の柔らかさと艶はもう一つ わかりません、残念です。
[PR]
by fuko346 | 2012-11-10 22:35 | きもの | Comments(8)
Commented by かさな at 2012-11-11 08:29 x
このブルーとシルバー(?)のおきもの、素敵ですね!お顔が明るく映えて、とてもお似合いです。
お写真からでも、光沢感は十分に伝わってきます。
いいもの拝見しちゃいました。
Commented by fuko346 at 2012-11-11 13:10
かさなさん
こんにちは。
銀は入っていなくて、ブルーとグレーの糸、なんですが、
それが微妙に重なって 光沢が生まれています。
織物は 糸 だなあって思います。
Commented by kaori at 2012-11-11 23:16 x
あれ、ですね。

きれいです
お似合いです

あーー いいなぁ
 
Commented by team-osubachi2 at 2012-11-12 11:43
冬に着る白とうす青のお召し物からは、これから降り積もる雪が浮かんできます。光沢と柔らかさ、こちらの想像力を加える余地を残して十分に伝わってきますです。麗しい・・・。
私もいただきものの白地に藍の濃淡格子の紬、まだ仕立て上がってきませんので、年が明けて雪のあるうちから春に着ようかな。雪うさぎの帯留めでも彫りますかね ♬(かまぼこ板からですが/笑)。
Commented by fuko346 at 2012-11-12 13:04
kaoriさん
はい あれ、 です。
早く着たくて 早速 笑

実際に着て そのふんわり柔らかいのに驚きました。
岩崎さんのものはいいですね。
Commented by fuko346 at 2012-11-12 13:07
tomkoさん
雪ですか、、、美しい想像です。
私は今頃の空を 考えていました。
帯回りを 秋 にしたのですが、こういう自己満足って
きものならではの楽しみですね。

白に茶の絣が少し入った紬があるのですが、どうしても
私は真冬に着たくなるのです。春に その季節に合わせた帯の
ほうがふさわしいのですが、白は 冬を思わせるのかも
しれません。
Commented by 神奈川絵美 at 2012-11-13 22:13 x
こんにちは! 伝統がどうのとか、慣例が、歴史がどうのとか言う前に、新しい取り組み、改革を取り入れるべきですよね~呉服業界。流通システムも含めてですが…。
私の故郷、群馬でも、規模は小さいのですが、織屋さんが会をつくり、群馬の織物の良さを伝えるイベントを毎年、銀座で行っています。志を同じにした人が集まると、足し算以上の大きな力になりますよね。
お召しの岩崎さんの紬、いいですねぇ。実物はもっとツヤがあるのでしょうね。糸に力を感じます。チャンティンの帯も色がぱっと立っていて素敵!
Commented by fuko346 at 2012-11-14 22:09
神奈川絵美さん
こんにちは♪
い、会場で説明してくださった方は、他の業種のことが
全然わからない業界なので、横の繋がりを作りたい、と
おっしゃっていました。
あちらこちらで いろいろな取り組みが行われて、それが
今まで興味のなかった人の目にとまっていくといいですね。
特別なもの、じゃなくて、もっと風通しのよい、世界になれば
いいなあと思います。

岩崎さんのもの、改めて他の作品もネットで見てみたのですが、
とても好みのものが多かったです。
というころは危ないので、、、近づかないことかしら 笑
更紗を見に行くし、この帯は 秋、の感じがするので、この日
使うことができて良かったです。
季節に出してあげたい、と思うと忙しいです。