月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

光徳牧場

辻 まこと さんの愛した 奥日光 光徳牧場へ。

ホテルは取ってあるけれど、日光ってどうやっていく。
新宿から直通がでてるみたいだから行ってみよ、もう、午後のこととで電車はがらがら。
お弁当食べて いい気分。
だけど、その後はすごかった、のはのちほど書くことにして。
ホテルに着いたのは8時過ぎで真っ暗け、日光駅からバスに乗ったのは3時代でしたのに。
すぐにお食事お願いします、とホテルにせかされ とっとと食べたお食事、美味しかったです。

a0236300_2216385.jpg

翌、日光アストリアホテルの部屋からの朝。
湯元から引いたお湯は とってもすばらしく満足。
ここはこのホテルだけが 一軒 山に囲まれてあります、四季、美しいことは間違いのないロケーションです。
辻さんが 愛した土地、光徳付近、よくわかりました。

a0236300_22181822.jpg

光徳牧場黄金色のカラマツに陽が降り注ぎます。
ハイキング道をテクテクと戦場ヶ原へと歩いて行きますが、人気はありません。
でも獣、の気配はする。
この少し前 戦場ヶ原で 熊襲撃事件があり、しばらく通行禁止になっていたのですが、ホテルで聞いてみると、9時から3時まではOKとのこと。
ホテルから戦場ヶ原まで歩きますが大丈夫?と聞くと、ちょっと目が泳いで ああ大丈夫です。
ん~~~ 怪しい。
歌ったり 犬の吠え声を真似したり して歩いていきます。だって、あの木が剥いであるのは熊でしょう、戦場ヶ原にいるなら この人気の無さならもっといるでしょう。
でも、とっても素敵な美しい道、光徳沼にも寄れました。

戦場ヶ原へ入る道が見つかららず、川筋をうろうろしていると、いや~な感じがしてきました。
a0236300_2226263.jpg

ほれ~~~
熊でしょう
フレッシュな足跡。 右向きに進んでいます、水辺の泥なのではっきりついたようです。
まわれ右、もと来た道をとっとと戻ると、正規の戦場ヶ原へ入る入口がありました。
ほっ。
たぶん 熊公は、私達が来たので どこぞへ避けて、見ていたんでは、と思います。
あちらも 好き好んで戦闘はいたしませんから。
戦場ヶ原は鹿よけの柵に覆われています、おそらく その周りを地元の猟友会あたりが見回って、9時から3時はOK、としているのでしょう。
でも一人で歩くのはやめたほうがいいと思います。
一度 とても強い獣臭がした場所がありました、猪でなければ、、、あれは、、、。

a0236300_22323994.jpg

熊事件のおかげで 戦場ヶ原の北には ほぼ人がおりません。
空には一点の雲もなく青。
草枯れの色も映えて。
美しさのあまり 湧きあがる喜びに 踊る おんな。

a0236300_22375064.jpg

美しいでしょう
ここを渡る風をお届したいです。

竜頭の滝へ近づくにつれ 人は増えてきましたが、たぶん この時期としては静かな戦場ヶ原を楽しめたのではないでしょうか。
滝の紅葉は ほぼ終わっていたけれど、お団子とコーヒーとのんびり茶店で楽しんで。

目的は 光徳牧場 戦場ヶ原を歩くこと 二荒山神社。
ぜんぶ 満喫。

でもね、いろは坂の渋滞がものすごくて登り4時間半、 帰りはバスが来なくて二時間待ったんです。
行きの路線バスは観光バスと化して和気あいあい、面白い体験をしました。
渋滞を抜けた途端 車内にわきあがる拍手。あるはずのないトイレストップ。
「長い旅 お疲れ様でした」という運転手さんの挨拶には大笑いです。
しかし下りのバスが来ないのはおかしい、待っている間に4本登りが行ったのですから。
混むのはわかっていること、上から臨時を二本、出せば まあ 混んでいるから仕方ないわね、で済まされるのです。
二時間来ないなら そのお知らせをせめてネットに出しましょうね、その間になんとでも遊んでいますから。
東武バスよ、考えましょうね。

金谷ホテルのおすすめカレーは時間ぎりぎり間に合っていただいて、ついでに少し建物を見学。
いつか泊まりにきたいな、と思っていましたが、たぶん もう来ることはないでしょう。
泊まれば違うのかもしれません、煩雑期でなければ違うのかもしれません、でも、、、。

あんなこんなで駅に辿り着けば東武は事故で止まってまり、それっとJRへ向かうとちょうど日光線がありました。
宇都宮から快速に乗って、けっこう早く帰ることができました。

小学校の修学旅行で行って、家族でむか~し行って、久しぶりの日光。
いろいろあったけど、とっても楽しい旅でした。

あの光徳と戦場ヶ原の美しさは忘れません。
11月3,4の土日。もう紅葉は終わっているから空いているだろうと行ったのですが、渋滞はピークだった模様。
いろば坂の紅葉は美しかったから 人の集まってくるのも仕方のないことです。
いつものとうり いきあたりばったりの子との旅、歩けるところは歩いてしまう、いつまで付き合ってくれるのか、ありがとう、ね。
[PR]
by fuko346 | 2012-11-13 23:15 | 山と温泉と旅 | Comments(9)
Commented by あおい at 2012-11-14 22:42 x
うわ それはお疲れ様でした!

この季節の日光が素敵なのはわかっても
近寄る気にはなりません、正直なところ。
※渋滞の逃げ道がないですものね。

でもこのお写真で、癒されました。
入りすぎていない自然の美しさ。

熊も含めて 動物と人間は共存していると
東京にいると忘れています。
忘れちゃいけませんね!
Commented by fuko346 at 2012-11-14 22:49
あおいさん
はい、お疲れだったけど、それ以上に 景色が素晴らしかった!
混んでいるとわかっても、どうにか渋滞にひっかからないように
奥日光にまた行きたいです。
でも熊は怖い、、、。

ここ、熊はいないけどそれ以外の日本にいる野生動物は
ほぼ、いまくります。笑
一度 遊びに来てね~。

そういえば、風向きで一瞬した 獣臭、もう東京が長くなった
息子は気が付きませんでした。
そんなものかなあって思ったことでした。
Commented by kaori at 2012-11-15 00:09 x
いつまで付き合ってくれるのか、ありがとう、ね。


の ところに、想いがいきつつ。。。

温泉と、そこへの道々 つきあってくれるムスコさんに
こちらからもありがとねーー を
Commented by team-osubachi2 at 2012-11-15 08:00
なんと、雲ひとつない澄んだ青!すばらしい空!!
(ちかごろ、そんな青空部分を見ると、自分の眼球に、
ムラというのかゴミというのか、
なんか埃みたいなものがあるのがわかるんですよねえ・・・とほほ)
戦場ヶ原の様子だけ見てると、すぐにでも行きたくなりますが
現実には大渋滞の洗礼(?)ナシには済まないですね、やっぱり(笑)。
それに野獣臭と足跡、日中であってもかなり緊張しますね。ご無事、何よりです。
お写真からしばし初冬の野山の空気が伝わってくるようでしたよ〜。
すうう〜〜〜!!
Commented by fuko346 at 2012-11-15 22:22
kaoriさん
はい~~~~そうなのです。
じつのところ 旅は子とが一番 楽しい。
趣味があってるし、歩くの好きだし。 
夫は山登りで歩くのはいいのだけど、ただ歩くのは
嫌いなの。
でもね~~~、誘うのちょっと遠慮してしまう母
なのでした。
Commented by fuko346 at 2012-11-15 22:24
tomokoさん
たぶん、渋滞は紅葉の土日だけじゃないかな、、、と。
違う季節に 機会があったら行ってください、光徳もいいです。
おそらくこの日は 神様のプレゼントのような 美しい日、
だったと思います。

一杯 あの空気を送ります~~~~
Commented by sachiko at 2012-11-16 00:32 x
なんとも素敵な休日・・・ しかもご子息と(*^_^*)
お天気に恵まれ お山の澄んだ空気 リフレッシュタイムですね。
竜頭の滝の茶店 甘酒も美味しいです

同じころ私はダーさまと湯ヶ島温泉でした
行き違いでしたね~
残念・・・


光徳牧場のカラマツ 金色に輝く晩秋も 朝陽でキラキラ霧氷もとっても素敵ですよ
冬のクロスカントリーも楽しいらしいですよ
またのお越しをお待ちしております


そうそう・・・紅葉の時期は平日も渋滞なんですぅ

Commented by fuko346 at 2012-11-17 23:21
sachikoさん
そちらを拝見しましたら、竜頭の滝の茶店で 同じものをいただいていました♪
あそこはきれいな場所ですね。
実は小学生のときの修学旅行で行って「きれいだった」という記憶があったのです。あんなに建物があった、、、とは思えないのですが。昔のことですものね。

光徳はどの季節も美しいのですね、近ければ通ってしまいそうです。他にはない、ものを持った場所だと思います。

平日も渋滞、、、ううむ、、、紅葉の時期は避けねばなりませんねえ、と書きつつ。
日光は遠くて、また行くことができるだろうか、といぶかります。
Commented by fuko346 at 2012-11-17 23:22
そうそう。
カラマツ 黄葉して道に一杯落ちていました。
大好きなんです、カラマツの紅葉。