月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

駒井家住宅 で 美しい布

久しぶりのお友達のお誘いで喜んでおでかけ。
一度は行ってみたかった 北白川の駒井家住宅で、きものの展示会と聞いて、飛んで行きます。
a0236300_13115675.jpg
きもの 野蚕 胴抜き
帯   紬地 織袋帯

この帯、クリマスツリーっぽく見えなくもない、ので、白く写っていますが七色の糸の入った帯締めをオーナメントのキャンディに見立て 帯あげはうっすら雪、、、サンタさんの帯飾りをつけました。 むりくり クリスマス取り合わせ。

きものも、白、ではありません。












a0236300_13154524.jpg
母の小紋を仕立て直した 道中着をはおって。
駒井家住宅の二階で。
きものの色は 上とこちらとの中間くらい。
野蚕の繭を染めずに使ってあるので、ベージュグラデーションなのです。
光の関係でずいぶんと違う色に写ってしまうものですね。

a0236300_13214785.jpg

今日は半日盛りだくさん、まずはこちらで ランチ。
クレメンティア 京都市中京区間之町通二条上ル夷町572
良いお店です。若い殿方お二人で仕切っている小さいなお店ですが、美味しく、気持ち良く、お気に入りになりました。
顔を忘れられないうちに、また伺いたいと思います。

a0236300_13313262.jpg

さて、お店を出てからおしゃべりしながら 歩いて 到着。
 駒井家住宅 京都市左京区北白川伊織町64番地
 サイトはこちら
見学に来たかった場所ですから、そこに美しい布が並んでいて、それを拝見出来るのは まあなんと贅沢なことでしょう。
たっぷり 楽しませていただきました。

お誘いありがとう とても楽しい時間でした。

さて、そのあと私は再び 降りだし近くへ戻り、能楽大吟連の全体お稽古へ。
大きな声を出して、すっきり これまた楽しい時間でした。
本番までに謡を覚えて 気持ち良く謡えるようになりましょう。
[PR]
by fuko346 | 2012-12-06 13:18 | 今日のきもの 冬 | Comments(2)
Commented by 神奈川絵美 at 2012-12-07 23:43 x
こんにちは! 京都のきものの展示会って、(私はほとんど風子さんのブログから情報を得ているのですが)、いつもムードの良いロケーションだなあと感心しています。やはり、着物の「根付き方」が違うのかなあ、東京とは。
お召しの帯、久し振りに拝見して嬉しくなりました。温かみがあって、今の時期によく合いますね。白の帯締め、帯揚げが凛とした差し色で、久々に主張のある白を見た思いです。…と思ったら帯締めは7色なんですかー何だか不思議。いつか実物を拝見したいものです。
Commented by fuko346 at 2012-12-08 00:17
神奈川絵美さん
そうですね~。
けっこう 優雅かつ歴史的建物、を使うこと多いかもしれません。それに 100年単位の老舗のお店は もう店舗そのものが
見学に耐えるようなものも多いですし。
ここはいわゆる「洋館」なので、このブランドの品物とよく合っていたように感じました。
中はけっこう痛んだ部分もあって、建物が人がたくさんいることを、喜んでいるようにも感じました。

この帯、そうです、あれです。
冬 向きですよね。
帯じめは きれいな七色の細い糸が入っているのですが、
光の具合で飛んでしまっています、また 実物、見てく
ださいまし、これも京都テイストかなあと感じます。