月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

スケッチオブミャーク

宮古島のうた、を中心に撮った映画です。数年前から気になっていたのですがやっと京都の映画館にかかったので、最終日に行ってきました。
しのごの、は後にして、こちらのサイトをご覧ください。
もし、お近くで上映されるなら ぜひご覧ください、ちょっと遠くでも、機会があればご覧ください。

スケッチオブミャーク 公式サイト


と、これで十分なのですが、覚書です。
今まで見た中で三本の指に入る映画、見ることができて幸せです。
ここで語られている 神、は私が思っている 神、とおそらく同じもの、ではないかと感じます。
冒頭、監督さんがいわれた 声は 魂呼ばい の声ではないかと、この国の神社の催事は深夜、秘されて行われるので、一般に近づくことはできないけど、春日さんの御祭りに参加すれば、聞くことができるのではないか、と行く機会を待っています。

「神さまを祭らないと 神さまが怒るよぉ~」と、登場人物が語る言葉が重くこちらに届きます。

深い苦しみの中からしか 真に美しいものは産まれないものだ、と改めて思うのでした。


けっこう民謡が好きな子供で、NHKの民謡大会なんてのを見ていた記憶があります。
正調会津磐梯山なんて 大好きです。今風にアレンジしたり、派手な衣装を使うようなものではなく、昔からのものを淡々とうたう、そういうものが好きでした。
ある日、そういう派手なものが多い中、民謡コンクールだったのでしょうか、最後のほうに鶴のようにやせて、鶴のようにしゃんとしたおじいさん(私が子供だったからそう感じたので、今思うとおじさん、くらいの年代だったかもしれません)が、一人 サンシンを肩から下げてす~っと出てきて、いきなり 静かにうたいだしました。
それを聞いていたら 涙が出て止まらなくなりました。
今まで聞いたことのない 音 でした。
[PR]
by fuko346 | 2012-12-22 13:39 | おもいつれづれ | Comments(0)