月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

きものでお稽古

 久しぶりにきもので お茶のお稽古に行きました。
きもの備忘録のブログではありますが、お稽古のことも少し書いておきましょう。
覚えられるかも、、、

お軸の字がとても柔らかくて感じが良かったので、お聞きすると

大道透長安 大道 長安に通ず、という意味で(そこからいろんなことを思えますね)、筆は何代か前の、東福寺さんの管長さんだそうです。
どんな御坊様だったのかしら、と思えるような 素敵な字、でした。

お棚はこの時期に一度は用意される好文棚、でした。                                                              表千家 十一代 碌々斎好み。
 木屋町棚の引き出しがない形で京都・北野天満宮の献茶の折りに好まれたで透しが梅の花になって います。
 梅のことを「好文木」と呼ぶことからこの名前があるようです。

この梅の透かし、がとっても素敵です。

お茶碗は 馬上杯を使いました。
これは背が高いので少し座りが悪く、それを気にいていたらお手前、ちょっと手が止まってしまいました。
ゆるゆるお稽古 なかなか しゃきっとお手前までには行きつきません。
でも、茶室で炉の前に座る時間が好きです。

お稽古場は その日 使ってもいいですよ、というものが時期に合わせて水屋に置いてあり、各自、それを選んで使います。
お道具が豊かなので、お勉強させていただいています。


今日のきもの。
所作を身につけるべく なるべく着ましょうね、と最近 おきもののの方が増えました。
a0236300_18375510.jpg

きもの ぜんまい紬
帯   イカット木綿 九寸

なんとな~~く色目で 二月、のつもり。
帯あげに白く梅が 絞りになっているのですが、これは自己満足。
お稽古用のざっくり仕様です、木綿の帯はとても着易くて 着心地良くて好きです。
社中うお若い方が「いいですね~~~」って言ってくださって「見るのは好き」と。
お初釜だけでなく、着て下さったらうれしいなあ。
[PR]
by fuko346 | 2013-02-27 18:39 | お茶会と稽古 | Comments(2)
Commented by team-osubachi2 at 2013-03-01 11:52
こんにちは。今日の横浜は朝から強い南風。
(ベランダの前にある竹やぶがいつも風向きを知らせてくれます)

お茶のお稽古はずっと着物でやっていましたが、建水から柄杓をとって最初に構えたときに、両袖と帯との間にまあるく(実際はまるいハズもないんですけども)出来る空間がなぜかとても好きでした。一度だけ、洋服でお稽古しましたら、袖がないために両脇がスカスカであれえ?っとなり、ああ、自分はどうしてだかその空間を作りたくているも着物でお稽古していることに気がつきました。人それぞれおありだろうと思いますが、趣向って不思議です。
Commented by fuko346 at 2013-03-02 13:45
tomokoさん
こんにちは。
私もあの柄杓を構えるとき好きです、
空間、は感じたことはありません、今度 意識してみますね。
あと、炉(風炉)へ柄杓を置くときの 手 が私は好きです。
いかに美しく置くか、余裕のあるときは常に意識します。
一瞬のことですが あるはずもない音、が 聞こえるような気がするのです。