月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

宮古島スタイルのカタチ展 

a0236300_21305692.jpg


蝉の羽衣 上布の美 宮古島スタイルのカタチ展

長平庵でお知らせを受け取り 見たくなって最終日にちょこっと行ってきました。
会場は新宿パークタワー ギャラリー1

駅からちょいと距離があるからか、西口からシャトルバスが出ていました。
へえ こんなことになっているのか、、、とウラシマ子、は感心しきりです。
勤めていたビルの窓から 西口の高層ビル群が どんどん建っていくのを見ていたのは、ありゃ30年前ですね、ほお~。

宮古上布が美しいのは はなから分かっていること、あちこちの展示場やら、古布やら一杯見たけど、やっぱり、見たくなるのは魅力があるからでしょう。

そして展示で引きつけられたのは、やはり昔のもの。
その手仕事の細かさと糸の細さ 故の布の薄さ。
すごいな、、、人の手でこういうものが作れるなんて。

そしてこころが震えた映画 スケッチオブミヤークで見た 島の人々が重なる。
過酷な生活なくては、この布は産まれてこない。
もはや、昔のような布を織ることはできますまい。

といっても現代のものも美しいことには変わりなく、ほう、とため息。

帰り際にアンケートに答えましたら 粗品として写真の小さなお守りをいただきました。
宮古の布に 宮古の塩が入っているそうな。
これをじっと握って祈れば 欲しい宮古上布が手には入るか、、、ううむ。

リメイク上布と、ご縁があって手に入った苧痲 麻、の混紡のものは持っているから、もう十分ではないか。<と 自分に言い聞かせる

アンケートの問い。
宮古上布を欲しいと思いますか。
その選択する答えの一つに 「宝くじが当たったら」というものがあって笑ってしまいました。
そう、くじでも当たらねば一般人には無理な価格。

迷わず そこに丸、をつけました。
当たったら 宮古島に行って上布を買いますとも!!
宮古上布だけでなく、沖縄中を回ってあれもこれも 買いますとも!!

上の写真は美しい 宮古を紹介した冊子です、会場も上品 かつ高級品を扱う雰囲気に溢れていて、経費かかっているだろうな、宮古上布のおかれた位置がわかります。
宮古からいらしたであろう織子さんたちからだけ宮古の土の匂いがあって ちょっと異彩。

普通に着るもの、でなくなった宮古上布よどこへ行くのだい?

宮古という島を、美しい上布をトウキョウのニンゲンに知らしめたい、という意図はわかるけど、こう上段に構えるのは どうなんだろう、と感じたことでした。
[PR]
by fuko346 | 2013-03-21 21:36 | きもの | Comments(6)
Commented by 朋百香 at 2013-03-22 09:28 x
風子さま
おお、何とアクティブな・・・いらしたんですね。
宮古上布、私もご縁で古いものをリメイクして1枚持っているので、
もうそれで良いかな〜と。
どれだけの手間がかかっているかは分かっておりますが、如何せん
お財布の事情もありますので。
廃れてしまうのは、もったいない。でも、今の時代にどれ程の需要が
あるのか・・・難しいところですね。
Commented by fuko346 at 2013-03-22 22:48
朋百香さま
コメント うれしいです (^v^)
はい、宮古上布が見たくて行ってしまいました。
手間や技術やらを思えば高価はいたしかたありませんが、それに
しても流通の問題もあるかと、、、
会場にいらいた織子さんはもちろん、苧痲を績んでいるおばあに
それほどの収入があるとは思えません。
なんとかなりませんでしょうか。。。
Commented by medalog at 2013-03-23 08:30
もう東京からお帰りだったんですね。お疲れ様でした。
昨日京都の某展示会に行ってきましたが風子さんはまだ東京だと思っていたのでお誘いしませんでした。また機会があれば是非!

宮古上布はもう美術品の域で、私などは一生縁がないだろうと思うと物欲すら沸きません。
出来上がるまでの手間を思うと高価なのはわかりますが…これからもどんどん値が吊り上がっていくのでしょうね。そうなると買える人はどんどん減っていくだろうし、悪循環かもしれませんね。
織り子さんたちに、売値と手間に見合った収入があればいいのですが。
Commented by fuko346 at 2013-03-23 23:08
medalogさん
体力が無くなってきていて、回復に時間がかかっています。
なんだかな~~~、普段 じっとし過ぎているからかしら。
その展示、今回は行く時間が取れなくて残念でした。

おそらく今、きもので一番高価なのは宮古か越後か、、、。
美術品になってしまった きもの ってなんなんでしょうね。
まあ それを普通に着る人も いつの時代でもいるのでしょう。
が、しかし、、、

宝くじ!! 笑
Commented by team-osubachi2 at 2013-03-23 23:53
あ、行ってらしたんですね〜!
私も古い時代のものに心惹かれました。それにしても、こういう展示を見ていると、布を見られた嬉しさだけではすまなくて、現状がかかえる問題と自分のキモチとがないまぜになって、何とも云えない感想のまま会場を出ることが多いですね。
現代の名工が手がけても、古の手技の方がスゴイっていうのは、やっぱり命がけ(にならざるをえなかった)だったからなんだろうか?と思うことがあります。そして、暮らしが豊かになるって、人間の技は自然退化してしまうものなのかもしれないなあ〜とも。
「輝きの島」、綺麗な冊子ですよね。私はせいぜいこの写真を眺めてウットリと遠くの星のようなものの未来を見守るばかりです〜。
Commented by fuko346 at 2013-03-24 16:52
tomokoさん
お知らせ見たら どうしても行きたくなってしまって 笑
「なんともいえない感想」 ほんとにそうです。
ただ美しい布を見た しあわせ♪ とはなりませんね~。

琉球弧の島々には ぜったいに行くぞ! です。
お買い物はできなくても (^v^)