月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

単紬で美術館 (ミホ ミュージアム)

a0236300_1456580.jpg

ご近所さんへ

古代ガラス-色彩の饗宴 を見に ぷらぷらと出かけてきました。
古いガラス 大好きなのですが、もう 途中でお腹が一杯になるくらい素晴らしい品が、たくさん展示されています。
美しい。
何千年も前に こんな完成された美しいものを作って それから人間ってなにしていたのかなあ。
この品やちは いったいどんな人が使っていたのかなあ。
美しいものを求めるニンゲンの 欲望ってすごいなあ。

長い時間をくぐってきたから 美しいのかなあ。
何か が加味されているのかなあ。

6月9日までです。
一見の価値あり。

a0236300_1524641.jpg

晴れ渡っています。
楽しい形の雲が 流れていました。

車で15分くらいの場所なのですが、ここへ来ると 展示品を見たことと この場所とで、どこかもっと遠くへ長いこと 旅をしたような気持ちになるのでした。


a0236300_1562660.jpg

伊那紬 単衣 蓬染め 無地
帯   藤 刺繍

真綿なのにぱりっとしているこの伊那紬 単衣に仕立てたので 今を逃すと秋まで着ることができません。それにこの色が なんとも 今、なんです。
藤帯は 年に一度は箪笥から出してあげたくて、ここ山里では 盛りは過ぎましたがまだ咲いているので むりくり使います。
桜 だったら絶対に使わないけど、それ以外はけっこうアバウトです。

下を盛夏仕様にしたので 暑くはありませんでした。
ほこほこ紬は いくら単衣にしても 暑苦しく見えてしまうけど この子はさっぱりさん、です。


a0236300_10282371.jpg

美しい縫い。
手仕事の技を愛でて 大事にしています。

a0236300_1513030.jpg

庭のラベンダーが あまりにきれいだったので。
きれいなものって 見て欲しくなりますね、自分だけ 見るより 見て欲しくなりますね。
[PR]
by fuko346 | 2013-05-22 15:14 | 展覧会 | Comments(6)
Commented by kaori at 2013-05-22 19:17 x
ああ! 着物も 帯も ラベンダーも みんな大好きな色合いです(^-^)
ああぁ いいなぁ・・・ 
Commented by fuko346 at 2013-05-22 21:52
kaoriさん
こんばんは~~~♪

例によってなんともいえない ぼやぼや色のきものと帯です。
どこか霞がかかっているようなのが好き。
お気に召していただきましたか。

ふと考えると むらさき も微妙に違うたくさんの色が
あるけど 自然の色はみな 美しいですよね~。
きものって そういう色目が多いような気がします。
Commented by 朋百香 at 2013-05-26 14:33 x
風子さま
まあ、まさに今、ですね!  藤の刺繍がきれい。
私もグレイッシュな色あいが好きなので、こういうコーディネートは
好きだな〜。しかも自然の中で。
車で15分にこんな美術館があるなんて羨ましい限りです。
Commented by fuko346 at 2013-05-27 10:52
朋百香さん
こんにちは ♪
今 ちょうど という取り合わせは 毎日きものでおでかけ
しているわけではないので、なかなかできません。
ここは標高があるので、藤が満開。
ちょうど、を楽しませてもらいました。

朋百香さんはグレイッシュだけど、きりっとどこか鋭角で
かっこいいなあ、と拝見しております。
私はぜんぶ ぼけぼけにならないよう小物であれこれ、、笑

きものって ほんとは 履物まで入れた全体の按配なので
こう一部分だけだと ちょっと違うなあと映って写ってしまう
こと多し、です。

この美術館は いいものを見せてくれるので近くにあって
ラッキーです。次回も楽しみにしています。
Commented by team-osubachi2 at 2013-05-27 18:38
おみ帯の刺繍が山の咲く藤のようで
大仰でないところ、なんとも風情があって素敵ですね〜。
越後湯沢の谷間は山藤と桐の花のオンパレードでした♪
Commented by fuko346 at 2013-05-27 23:08
tokomoさん
お帰りなさ~~~い。

はい、この帯、 「どうだ!」感がないことが気に行ってます。
ぼうっとしてて 近くで見ると お 藤、、、って。
桜の帯も そうなんですけど (^v^)

越後湯沢のあたりも緑が 噴き出ている頃ですね。
桐の花も大好きです。