月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

山椒 は 甘い香り

敷地に数本ある 山椒の実が 大きくなってきたので収穫です。
どれが親なのか もはや わからず あっちこっちと生えてきて、大きくなって実がなります。
実がなっていると収穫せねば、なのです。

a0236300_2223210.jpg

 はじめは勝手がわからず、大汗かきつつ 木から実をもいでいましたが、今回は剪定を兼ねて、実のついている枝先を切り取ってきて、家の中で ゆっくり実を取りました。
それでもこれだけの集めるのに 一時間くらいかかっています。
さらに 実だけを分けるのに一時間以上。
この写真では 右がまだ実がついているもの、左にある分が、ボールにある実を取ったあとです。

手のかかることですが、けっこう楽しい。
それに 枝先を切ったり 実のついているところだけつまんだりしていると、あの山椒のさわやかな香とは別に ほんやり甘い香もするのです。
多分 この甘い香は繊細なもので、すぐに消え去ってしまうもののように感じます。
収穫する人だけへの恵み。

a0236300_2291063.jpg

やっかいなのは この棘でして、やる気満々。
気をつけていても どうしても刺さってしまいます。
指先にいくつか穴があいてしまうのが 常、ですが、山椒農家さんは どうしているのでしょう。


今の時期 菜園も、庭木の選定も、草引きも そろそろ梅も、あれやこれや することが多くて、気がせきます。
皆 時期というものがありますものね。
うううん、それにつけても敷地が広すぎるのよ。


でも明日はそれらはおやすみして、京都へおでかけ。
二ヶ所掛け持ちなので きものではないけど山里バージョンは置いて行って、楽しんできましょ。
[PR]
by fuko346 | 2013-06-05 22:20 | 山里便り | Comments(8)
Commented by straycat at 2013-06-06 07:49 x
風子さま♪

昔、庭にある山椒の木から葉をちぎって手のひらにのせ、ちょっと空気を含ませてポンっと叩いて香りを出し、鯛の潮汁にのっけたら、父がご馳走だなと言って嬉しそうにしていたのを思い出します。そのやり方を教えてくれたのは祖母。
田舎は何もなかったけど、豊かな生活だったのだなぁと、風子さんの記事を読みながら思います。
風子さんちって、植物園みたい 笑
Commented by team-osubachi2 at 2013-06-06 09:51
山椒の木は精が強いですよね。ホントに、あのスゴイ棘、農家さんはどうなさってるんだろう?って思います。
(うちにあるちいさな山椒の木、そろそろ「あのコ」が来てくれないかなあ〜と水やりのたびに枝々を見ています♪)
こちらはスーパーで買うだけなのですが、それでも梅の実が出回りはじめて、ああ、そろそろ買ってジャム作らなくちゃ!でも、来週いっぱいまた忙しいぞ〜、そんな時間あんのか〜?と、長屋暮らしの身でも忙しない昨今です〜。
Commented by 神奈川絵美 at 2013-06-06 13:13 x
こんにちは! 山椒の甘味、私も味わってみたいなあ…。太陽をさんさん浴びて「熟する」とそういう甘味も強くなるのでしょうか。
棘、私もぜんぜん知りませんが、分厚い手袋で対処しているのかなーと想像しています。
Commented by fuko346 at 2013-06-07 11:43
straycatさん
こんにちは~
ポン、と 私もするけどどこで知ったかしら、、、
誰かに教えてもらったわけではないけれど、本ででも読んだの
かしら。
straycatさんのは 豊かな思い出ですね。

植物園 野生動物園 なんでもあり~~~笑
Commented by fuko346 at 2013-06-07 11:46
Tomokoさん
棘無し山椒 というものもあるやに聞き及んでいますが、
栽培種はそうなのかな~~~~
うちのには「あの子」来ないのです、街の皆さんは「来る」と
聞くので これもなんでかな~

今は気ぜわしい季節ですね、と言いつつ 今日もお出かけ 笑
なんとかなるでしょう。
Commented by fuko346 at 2013-06-07 11:48
神奈川絵美さん
はい、植物ってどの子も 甘さを持っているのかもしれない、
とか思ったりして。
虫さんもその甘さに引かれてくるのかしら。

庭(敷地 笑)仕事していると、楽しい発見が 次々と
あります。
元々 街の子なので 新鮮なのかもしれませんね。
Commented by 朋百香 at 2013-06-07 14:06 x
風子さま
ありがとうございます。孫にかまけていて山椒の収穫、忘れるところ
でした。早速、摂って煮ましたよ。
時間がないので、いつもの様に丁寧には出来ませんでした。
茎もついたまんま、ひどい手抜きですが それでも、この季節これを
食べないと、ですよね。
山椒を煮ている時のあの香り、幸せを感じますー。
Commented by fuko346 at 2013-06-07 23:37
朋百香 さん
それは良かったです~~~。
忙しいと つい時期を逃してしまいますものね。

あの香り
収穫の時も煮るときも しあわせ。
自分ちで採れるのもしあわせ。