月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

通小町

a0236300_0431098.jpg

7月7日(日) 
能に観る“愛”のかたち 能「通小町 雨夜之伝」
大津市伝統芸能会館
能 通小町  観世喜正 味方玄

県民でありながら この会館は初めてです。
いいなあ、と思う演目を目にしては、行きたいと思いつつ 機を逃していました。
今回 お友達が良い席を取ってくださって 行ってきました。
車で一時間弱、でしたので、これからは ちょくちょく行けるでしょうか。

こじんまりとした アットホームな感じすらする能楽堂です。

さて 通小町。
まずはじめに 味方健さんの解説というかお話があって それが興味深く。
舞とはたらき ものまね
近江猿楽 大和猿楽
白洲正子さんの 世阿弥、を読んでいて なんとなくわかるけど、、、と感じていた言葉がたくさん出てきて、伺っていてわくわくしました。
そして 能を見て 「はたらき」がぼんやりわかったような気がします、といっても素人の感想ですが。

お能はとても良かったのです。
面白く そして感慨深く。
深草少将が 小町を引き留める場面では ふと突き上がるものがあって、、、。
魂を舞台の上に重ねられたような、、、気がしました。

前から二番目正面席、さらに小さい能楽堂で舞台が近く、衣裳がはっきりと見え、とくに小町の着ていた衣のすそに燕の縫いとりがあって、それが演者の動きににつれて、まるで飛んでいるようにひらりひらりと翻るのが、幻のよう。
衣にここまで目がいったのも、初めてのことかもれません。

あと少将の面が はじめ登場したときの暗い感じから だんだんと若返り生き生きとしていくのが不思議に見えました。

観世喜正さんの手と、腕から手先までの動きの美しさにも見とれてしまいました。

なにがどう、とは しかとは言えないのですが、今まで見ていたお能とは、違う、心地よさと自分のこころの奥を見てしまったような思いと共に 帰途につきました。


おまけ:柔らか物の夏きものをデビューさせようと準備していたのですが 朝からの かんかん照り、気温上昇に負けて断念。
せっかく準備したので、また次回アップしたいと思います。
[PR]
by fuko346 | 2013-07-09 01:10 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(3)
Commented by 山名騒然 at 2013-07-09 20:19 x
お疲れさまでした。
暑かったですね。
でも、いい舞台でしたね!
Commented by fuko346 at 2013-07-09 21:54
山名さん
おかげさまで 行きたかった場所に初めて行くことができました。
ほんと いいものを見せていただきました。

また なにかおすすめがあったら教えてくださいませ。
Commented by 山名騒然 at 2013-07-10 16:55 x
はい、またお誘いさせていただきます。