月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

栗駒山と源泉の宿 東北への旅 (温泉覚書その2)

7月16日
山形へ南下する途中、かの有名な鳴子温泉へ寄ってみましたが、、、
a0236300_13281882.jpg

鳴子温泉 下地獄足湯 右上方に源泉のもくもく、、、が見えます。
宮城県大崎市鳴子温泉字新屋敷
お湯:含硫黄-含食塩-芒硝泉(含硫黄-ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉)
ここも源泉が何本かあり、ほんまもんの温泉地。立ち寄り入浴するつもりできたのですが、なにせ宿では三回、立ち寄りにも入って 少々 温泉疲れ。足湯で鳴子の湯を楽しませていただきました。
無料の 温泉卵作り釜、もあります。

泊まりは
銀山温泉 古勢起屋別館 山形県尾花沢市銀山温泉417
a0236300_13393631.jpg

銀山は この建築群が見事、です、ガス灯が灯った風景は ここにしか 無いものです。
細い川の両側に十数件の建物がならぶ 思っていたより小じんまりした温泉でしたが、思っていたより、美しい眺めでした。
お湯:ナトリウム―塩化物・硫酸塩温泉(低張性中性高温泉)
建築当時の風情を残そうとしている努力が報われていると思います。川底から湧いていた湯をそのまま湯船へ引き込む都合で 湯殿は半地下。ステングラスがきれいで、その時代を感じました。
立ち寄りでも十分ですが、夜景はぜひ ご覧になっていただきたいです。

17日
泡の湯温泉 三好荘 山形県西置賜郡小国町大字小玉川.  
お湯:含炭酸鉄芒硝食塩壱泉、含鉄炭酸石膏食塩泉
日本秘湯の会 会員

これぞ 山の湯!
飯豊連峰への登山口にあります。学生のときに登りにきたのですが この温泉の記憶はまったく無し。
そんな余裕はなかったなあ、あの頃は。
38℃という温度が気持ちよい湯でした。

この旅でうれしかったのは 食事に イワナ 鮎 がどの宿でも供されたことで、イワナの刺身、も二度ほど。
私、鮎 イワナ 大好きなんです。まあ 山の中ばっかり選んで行った、ということでもあります。
そして どの宿もそれぞれの特徴を大事に、食は地元のものを あ、そうそう 山菜もすごく美味しかったのでした、素直にいじりすぎずすに出してくれて うれしかったのでした。
対応も食とおなじで 素朴、という手垢のついた言葉ではなく、べたつきのない 暖かさ、でした。

最後の立ち寄りはこちら。
五頭温泉郷 出湯温泉 外湯 華報寺共同浴場
お湯:単純泉低張緩和性鉱泉
お寺の境内にあります。お寺の、、、
初日に行った 環翠楼でもらった五頭温泉郷のパンフレットに出ていたので興味深く 立ち寄り。
ぐるり、一めぐりしたことになります。

どの温泉地のお湯も 良かったです、たゆたゆ シアワセでございます。
でも、これだけ連日 違うお湯に入ると そのうち なにがなんだか よくわからなくなってくる、というのが正直なところでしょうか。
最後など カメラを出すのも忘れてしまいました。

東北 また行きたいいいい  素晴らしいお湯が まだまだ一杯です。

栗駒山 登山編へ続く、、、、
[PR]
by fuko346 | 2013-07-22 14:24 | 山と温泉と旅 | Comments(7)
Commented by かさな at 2013-07-22 15:17 x
良い旅のご様子・・・まさに「いい湯だな」のご気分でしたでしょう。
この銀山温泉の建物ですが、木造建築ですよね?
素人目にも「すごい!」の一言です。
Commented by fuko346 at 2013-07-22 17:27
かさなさん
こんにちは♪
こんなにあちこち温泉宿を泊り歩いたのは 初めてなのである意味
感激していたりします (*^_^*)

このような木造の建物が並んでいます 壮観です。
Commented by Maori at 2013-07-22 20:52 x
温泉好きとして、行きたいところばっかり!夏の予定を、再考中です^ - ^

Commented at 2013-07-22 21:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fuko346 at 2013-07-22 23:14
maoriさん (*^_^*)
了解です。
Commented by 朋百香 at 2013-07-23 09:33 x
風子さま
温泉三昧、羨ましい限り。
最後に行ったのはいつだったかしら・・・?

夏休み、まだ間に合う(?)  じーっくり温泉に浸かりたく
なりましたぁー。
前の記事の「環翠楼」さんも趣があって良いですね。
Commented by fuko346 at 2013-07-23 23:44
朋百香さん
はい~~~~ 温泉 大好きですううう。
ぜひ いらしてくださいな。

環翠楼さん 上等で素敵なお宿。
ちょっと遠いですが、機会があったら ぜひぜひ。
日常と違う時間が 流れます。