月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

コオニリユリ は 暑苦しいか

a0236300_15545254.jpg


勝手口からの風景
いわゆる セド

左にあるのが古い柿の木。(ときおり登場 以前 アオゲラがつついていた木です)

今は コオニユリのだいだい色が、目に鮮やかで これに蝉のわんわん 鳴く声が重なりますと、もうどうしたって暑苦しいのでした。
すまぬ 花よ 暑苦しいなどと評して しかし そうとしか見えないのであるよ。

さて、今朝はわりと涼しくて 体調もまあまあだったので 久しぶりにきもので、楽しみにしていた、太鼓の素人会に行こうかな、とも思いましたが、いやいや。
動けるならば しなくてはいけないことがある、。

完全装備(虫よけ 日よけ)に身を包み、刈りこみばさみを抱え、蚊取り線香も下げて、裏庭(裏山の斜面、ともいう)へ。
動けずに花のあと、そのままになっていた紫陽花と その上に覆いかぶさっていた かってに生えて大きくなったネムノキを、ばさばさ、そのまわりも ばさばさ。

刈っていくと あらま こんなところにこんなものが ちゃっかりと繁茂している、あらあら状態で、時間がかかります。
気温は30℃くらいでしょうが 湿度があって 大汗をかくのでした。
全身 したたるような ではなく したたっているのでした。
今回は 汗が目に染みないように手ぬぐいをハチマキにしてみたので 目が痛くならずいい感じ。

ちょっとした雨に濡れてしまったの 状態になりましたが、それをシャワーで流すと なんといい気持ち。

え、いい気持ち?
あら~~~ 私 まったくぐったり状態の夏から 回復してきているのかしら。
年齢もあるはず、なので どこかで回復に向かって欲しいとは思いつつ、このまま弱っていくのかも、しれないわけで、はあ、と情けなくなったりもしていたのですが、あら、、、、。

いやヌカヨロコビはいけません。
気温 そう高くないから そんなこと言っていられるのでしょうね。
それでも 大汗かいて 気持ちいいなんて 山登り以外で感じたのは とても久しぶりだったので、うれしいのでした。

居間から見えて ずっと気になっていた 裏庭の木々もちょっとはすっきりして気持ちいい。

太鼓の会には行けなくて残念だったけど、生活優先。
さて もう少し気温が落ちて夕方の涼風が吹いてきたら 大鼓のお稽古 しましょ。

(あ、家人は時間のある時に 敷地の草刈りを 草刈り機と芝刈り機でするので 手一杯なので、家周りと菜園は私の担当なのでありました)
[PR]
by fuko346 | 2013-08-04 16:19 | 山里便り | Comments(14)
Commented by 神奈川絵美 at 2013-08-04 22:06 x
こんにちは! たぶん同じ花だと思うのですが、毎年避暑に行く信州の高原でも見るのですよね、でもそこのは暑苦しく見えない(笑)。何ででしょうねぇ、「うっそう感(?)」が違うのでしょうか。
草取りや刈込は、何だか「生命力との真っ向勝負」に思えます。お疲れさまでした。おうち周りがすっきりして、太鼓がより美しく響くのではないでしょうか。
Commented by fuko346 at 2013-08-04 22:20
神奈川絵美さん
あら、今そちらにコメント 書いてきたところでした (^v^)
はい、高原の涼風の中では 暑苦しくない、と思います。
この30℃超の日々、お日様ぎらぎら 蒸し蒸し耐えがたい
湿気、そこにうるさい蝉の声、、、 笑

おうちまわり、、、まではいかず 気になっていたちょこっとが
きれいになっただけ、なんですう。
それでも 以前よりは 風通しが良くなったかもです♪
Commented by Medalog at 2013-08-05 11:18 x
庭仕事お疲れ様です。
お体の調子がいいのは、8月に入ってきて、体が暑さに慣れてきたのかもしれませんね。
しかしそれでも暑いので水分補給などお気をつけ下さいませ。

夕方の涼風の中に聞こえる太鼓の音…すてきですね〜
Commented by さくらこ at 2013-08-05 13:06 x
夏の 鬼百合とかノウゼンカズラとかグラジオラスとか・・・
弱ってる時には うっとぉしいですよね
若い時には その元気色が羨ましかったりしたものですけど。
でも 今年はオレンジが着たくてオレンジのカットソーを買いました。なんか元気出ます^^
今年もセミの羽化を見に行きたいのだけど
蚊の集団に襲われるのがイヤで夜の公園に行けません。
Commented by fuko346 at 2013-08-05 13:34
medalogさん
今日はぐったりしています、、、、(+o+)
が、これから 墓参り(という行事がある)とお盆、なんやらかんやら。
掃除しなくちゃあ。

あの 太鼓 ではなくて 大鼓(おおつづみ)なんですう。
絵美さんも勘違いなさっているけど、やっぱり おおつづみって
あんまり知名度ないので つい 太鼓になってしまうのかもしれません
ね。

ところでそちらのメダカちゃんは お元気に育っていますかあ。
Commented by fuko346 at 2013-08-05 13:37
さくらこさん
わたし 昔から 鮮やかすぎる花は苦手です、。
グラジオラスは 嫌い。(ごめん 花よ)
でも ノウゼンカズラはそうでもないので どこに違いが
あるのだか。
このオニユリ 玄関に飾ってみましたが そう暑苦しくあり
ません。 やはり昼間の ぎらぎらの暑さの中で見ると、、、。

蝉 うるさいの~~~~ なんとかしてくれ~~~ 笑
Commented by macska at 2013-08-05 16:55 x
生活優先、ごもっともで私もそうしています。
でも、そうしていると、どんどん潤いが、気持ちにはりが、
なくなってきて、
何をしてるんだか、って感じにもなってきます。
でも、いざ出かけるとなると、
その前に済ませなければならないことが山盛りあって、
その山盛りをなんとかするために、結局、疲れてしまう。
つくづく、体力ないって、悲しい、と思ってしまうのでした。

ところで、大鼓、がんばって下さい。
大鼓、小鼓、現代人にはとても難しい楽器、のように感じます。
でも、フライパンで練習されてた風子さんに、
ちょっと感動してたのでした。
Commented by fuko346 at 2013-08-05 21:58
macskaさん
同じく~~~~~
でも この頃は済ませなくてはいけないけど、、、片目 つぶって
見ないようにしてしまうことあり 笑
まあ そのつけは回ってくるのでありますが。
体力 欲しいですね 鍛えれば いいのかな、でも子供のころから
弱いしなあ、、、。

大鼓 難しいです、今頃始めるのは無謀でした 笑
でも ぼつぼつできるとこまで 続けたいです。
Commented by team-osubachi2 at 2013-08-06 09:31
お庭や畑の手入れ、お疲れさまでございました。
風子さんのとは違うのかもしれませんが、
この夏は私の身体も「更なる時代(苦笑)」に足を踏み入れたみたいで、
なんだかなあ〜って感じで調子悪くなっています。
具合悪いなあ〜と思うたびに、元気溌剌なおばあちゃんたちを思い出し、
あそこまで行けばまた大丈夫。ま、仲良く付き合っていきますかね、
って言い聞かせております。
Commented by さくらこ at 2013-08-06 10:32 x
ノウゼンカズラは 風に揺れるから許せるのかも・・・
グラジオラスはどっしん!て根を張ってる感じだもの。
実は夾竹桃も苦手です。
家守忌憚のサルスベリは可愛かったけど
実際のサルスベリはウルサイ・・・
Commented by fuko346 at 2013-08-06 11:31
tomokoさん
「がははおばさん」を目指せ! を合言葉に だいぶたちましたが
かないません 笑
もう少しなのかなあ 
あそこまでいくと 怖いものは何もない って感じになれるのでは
と夢想しているのですが。
身体もこころも 酸いも甘いも乗り越えて 笑っていられるように
なりたいな。
Commented by fuko346 at 2013-08-06 11:33
さくらこさん
グラジオラスはね 花の色がね。
キョウチクトウもサルスベリも白は好き。
ノウゼンカズラは花より葉の緑がかっているように見えるから
かも。

家守忌憚は名作ですよね。
Commented by 朋百香 at 2013-08-07 18:48 x
風子さま
お疲れさまでした〜。 私も先日、蚊と戦いながら草むしり&ハーブの
植え替えしました。こんな暑い時期に植え替えはNGかもしれませんが
鉢に根がいっぱいいっぱいになってしまったので、地植えしました。
水やりをいっぱいしたら、意外と元気です。
この時期の庭仕事、朝のうちでないと出来ませぬー。
今日から関東もまた34度になりました。
ウゲーな毎日ですが、お互い「適度」に頑張りましょう。
しっかし一山も二山も越えた元気なおばさん、羨ましい〜。
Commented by fuko346 at 2013-08-08 11:34
朋百香さんも お疲れさまでした~~~
草木はお世話がいりますものね、地植えして元気に育っていってくれたらうれしいですね。

私は山陰になる夕方 完全防備で出動するのです。
ここはもう朝日がでたら 暑くて たまりません、着こんだ上に 虫よけスプレー ぷんぷん、です。笑
去年はほんとに動けなくて 菜園をあきらめたので今年は なんとか収穫ができて うれしいでのです。

元気おばさん 目指しましょうね~。