月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

ヤマトフキバッタ の視線

a0236300_0102049.jpg

クリスマスローズの葉影で雨宿り中の ヤマトフキバッタ。

以前も書きましたが、虫の写真を撮るようになって気がついたことに、彼らの視線があります。
肉眼では それらの視線に気がつくほど 近づくことはまあ できませんから、こればデジカメ効果なのでした。
この子も 斜め後ろ 私(デジカメ)を見ています。
「ん?」って顔をしているように見えます。
面白いですね。

視線が合った、という感覚は アリ、で経験があって、向こうもこっちを見ているのね、ということは感じても、しかとそれをこのように静止画像で見ると、感情までも感じてしまうような。
まあ こちらの感情移入ということなのかもしれないけど、どうもやはり 気持ちの動きというのはあるように感じます。

話は変わりますが、この子、イナゴかな、あれ、羽根が短いな、なんだろ、と調べてみたら ヤマトフキバッタ、という種のようです。
へえ そんなのいたんだ。

ちょっと驚いたこと。
イナゴ、と検索すると イナゴの佃煮 がたくさんでてくること。

バッタの種類がたくさんあって しらない名前がけっこう あったこと。

うちの敷地は 草原あり 林、あり 森 あり、池 あり、流れもあり、でいろんな環境が揃っているので、大小いろんな生き物がいるのですが、バッタ類もたくさんいて、歩く足元からぴんぴん 飛び出します。
鳴く虫たちもたくさんで、今も 三種類くらいは聴き分けられます。

いったいどのくらいの種類の虫たちがいるのかしらん、、、
うお、すごいいっぱい いそう。

たくさんの たくさんの 命といっしょに 生きているのだなあ。


昨日からの久々の雨で、気温がすうっと下がり、これまた久々の苦しくない 夜を 味わいながら、そんなことを思っています。
[PR]
by fuko346 | 2013-08-25 00:32 | 山里便り | Comments(4)
Commented by team-osubachi2 at 2013-08-25 23:48
虫の目線、わかります〜。カマキリなんてかなりくっきり焦点がこっち向かって睨んでるのとかわかりますよね。
家の中のハエトリグモ(ネコマネキ、とも?)が好きで、たまに顔を寄せると、やっぱりこっちの目を睨みつけますもんね(笑)。

>草原あり 林、あり 森 あり、池 あり、流れもあり
天然のビオトープ、てゆーか、ビオトープの原型がそれですよね。
うらやますいい〜〜♬
Commented by fuko346 at 2013-08-26 00:02
tomokoさん
わあ すごいわあ ハエトリグモに、、、、
あれ、近づくと 飛びかかってくるでしょ 笑
それに目がいっぱいあるから けっこうな迫力。

ここはねえ ほんと 自然の中に ちょいと おいてもらっている、
という場所であります。
気 (労力)を抜くと 飲み込まれちゃう。
Commented by 朋百香 at 2013-08-28 07:27 x
風子さま
私もー!  分かります。 特に睨み返してくるのはカマキリですね(笑)
うちのバッタは顔(鼻先?)の尖ったヤツで、せっかくの朝顔の葉を
食べてしまって困ります。今年は数が多いような・・・

本当、風子さんの住んでいらっしゃる環境、羨ましい・・・
年々、都会がダメになってゆく私です。

Commented by fuko346 at 2013-08-28 16:16
朋百香さま
おお 同士よ (*^_^*)
カマキリは強気ですね~ 一体その根拠はどこから、、、
バッタが葉を食べますか?
うち 葉っぱが多いから(笑) わからないだけかしら。
とんがった、というと ショウリョウバッタ系かな、うちにも
たくさん います。

私は都会のはずれの はずれ、くらいに住みたいなあ。
まあまあ便利だけど 自然の残っているところ 笑