月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

大雨降って 崩れる

台風18号の影響で こんなん なりました。
a0236300_23265661.jpg


昨年の大雨で ちょっと崩れました と書いた場所、今回は 派手に崩れてしまいました。
梅の古木は ぽっきり 洗濯干しは 穴に落ち込んでいます。
あらら~~~~~。

5時過ぎに 特別警報のサイレンが鳴り響き 目が覚めました。
まだ暗くてあたりはよく見えず 雨風強く、 消防車がなにやらアナウンスしながら通っているのは聞こえず。うっすら明けてきて 下を見てみると(うちはこのあたりでは一番の高台にあります)、あたりは一面 濁った水が来ていて 田んぼも農道も水没。下の家では 土のうを積んで水を食い止めようとしている模様。
以前 洪水になったときに近在の家々が避難してきた、という話を聞いていたので水を確保、とりあえずご飯を炊いて 炊き出し準備。
家人は下に応援に行き 下の家家には車だけでも上にあげるように伝えます。
そのうち 地域の中心を流れる大戸川が溢れだしたらしく あちこちに避難指示が出だしました。

さて 夜が明けてみると 庭の一部が崩落して 梅の木が落ち込んでいました。
これは修復するのにかなり大がかり 頭 痛いです。

このあたり 記録的な大雨だったらしいです。
にもかかわらず 被害は庭だけ、お米もおととい刈ってしまったので助かりました。

写真の手前に土手の土の表面がぼこっと落ちていますが、それ以外の土は すごい勢いで流れて云った模様。そこらへんに土砂が溢れて、それが下の道の側溝にぎっしりと詰まってしまい、道にどうどうと土砂と水が流れている状態になってしまいました。

午後から雨が止んだので ご近所の皆さんと掘り返しにかかり、たっぷり半日かかりました。
ご近所は床下 少々の浸水で済んだので 炊き出しは無用となり 一丸となって土砂と格闘。
なんとか掃除することができました。
敷地内の土砂は 明日からぼちぼち片づけることにし この本体の穴は 水抜きしなくてはならずプロに工事を依頼。
土が乾くまでこのままにしておいて、とうことでした。幸い 明日から晴天続きのようで 良かったです。

どこの地方でも 残っているのは中高年。仕事をしているのは 私達夫婦が一番若い、という6人で それでも冗談いいながら 楽しく土木作業 しかし疲れました。
筋肉痛であります、もう 体力も力もないので情けない。

でも このくらいで済んで良かったです。
しかし 上流 下流 かなりの被害のようです。
高原鉄道は橋が流れて 線路がぶら下がっているらしく不通。
いつも京都に行くときに使う 谷沿いの道はあちこち崩れてているらしく不通。
町の中心部へ行く道もあちらこちら 車は 通れなくなっているようです。

ふう 朝の5時から長くて あっという間の一日、でした。
こんなことも起こるのですね。
[PR]
by fuko346 | 2013-09-16 23:54 | 山里便り | Comments(16)
Commented by kaori at 2013-09-17 08:50 x

画像で見ると、どんなに 大変な状況であったことが・・・

 これからの作業や、移動のご苦労、 どうぞ気をつけて。
 言葉がけしかできないこと、申し訳なく思います。
Commented by 古河一秀 at 2013-09-17 15:39 x
先週お伺いした時に登っていった道の所ですよね。

写真で見ると、大変だったことがよりリアルに感じられますね。

梅の木も残念でしたね。

せっかくだったら、倒れた梅の木を使って、茶杓でもお作りになりませんか。
Commented by fuko346 at 2013-09-17 21:16
kaoriさん
ありがとうございます、コメントいただけただけでうれしいです。
今日 よく調べてみましたら 穴がどうも菜園のほうにも及んで
いるらしく、工事が終わるまで 半分くらいの面積になって
しまいそうで、がっくり、です。

工事ができないので 植えてあったものを 移したり あきらめ
たり。 こんな小さな被害でも 悲しいのですから 大きな被害を
被った方たちは どんなにおつらいでしょうね。
Commented by fuko346 at 2013-09-17 21:18
古河さん
はい ただいま我が家は敷地内 交通どめ、になっています 笑
茶尺 ですかあ 古河さんは どこまでも風流でいらっしゃいます。

先日 裏山の木も伐ったので、 木材 はた~~~んとありますが
何かに使えないかなあ、、、
Commented by 神奈川絵美 at 2013-09-17 22:50 x
お見舞い申し上げます。たいへんにお疲れ様でした。
文面からは、このくらいで済んで…という思いが感じられますが、
写真を見ますとやはり、台風の爪痕の大きさを思い知ります。
晴天が続く間に少しでも、地盤が安定してその後の作業がしやすくなるといいですね。梅の木、元気な枝をとっておいて植えたら、また大きくなるかなあ。
Commented by team-osubachi2 at 2013-09-17 23:23
この度のこと、お見舞い申し上げます。
近畿の被害が大きくて気になっていました。まずはご近所さんともども皆さん無事で何よりでしたね。
この数年、日本てこんなに天災の多い国土なんだってこと、あらためて思い知るばかりです。
でも、だから自然の良さもわかる国民性なのかもですが、怖さも計り知れないですね。
どうぞお疲れが溜まりませんように。
Commented by fuko346 at 2013-09-17 23:25
神奈川絵美さん
ありがとうございます。
小さな山里で報道はされませんが、近隣 かなりひどい被害のところもあるので この程度で済んで良かったなあ、という感じです。
ただ 工事費が 頭痛いですう、、、泣

この梅はかなり古くてもう弱っていたのだと思います。
実もほんの少ししかつかなくなっていました。
力尽きてしまったのでしょう、ちょっと淋しいけど、木としては
十分生きたのかなあ、と。
Commented by つきのこ at 2013-09-18 00:45 x
あらららら。。。。
お見舞い申し上げます。台風ニュースでそちら方面、
どうような状況かしらと案じておりました。
ただ回りの方々がご無事であること、何よりです。

梅の枯木、これまで生きてきた証です。
染料として少しとって置くのも手かもしれませんね。

Commented by Medalog at 2013-09-18 01:27 x
大阪も雨風はかなり激しかったですが滋賀県はもっと激しかったようなので心配しておりました。
ご自宅の敷地内でこんな大きな木が倒れて、土が大量に流れ出てしまうとは…大変なことでしたね。
家屋の方は大丈夫だったのでしょうか?
復旧作業が続くとのこと、足元に気を付けてくださいね。
Commented by fuko346 at 2013-09-18 10:27
tomokoさん
お見舞い ありがとうございます。
このところ 川が溢れそう ちょっと溢れてしまった という大雨は
けっこうあって、実はそれほど驚いてはいません。
そういう天候になったのだな そういう時期に生きているのだな、と。
といっても 困ったことなのですが、、、。
自然と一緒に どうにか 生きていきたいなあ、と。
どうか お手柔らかに、と祈るばかりです。
Commented by fuko346 at 2013-09-18 10:30
つきのこさん
ありがとうございます。
人的被害は 聞いておりません。
ただ 近隣では床上浸水した場所もあり、お気の毒です。
あと 交通網がぐしゃぐしゃで しばらく難儀しそうです。

梅の木は まだたくさん あるので。
染め、するような落ちついた気持ちになるのは いつかなあ。
まだ そういう時期はきていないみたい、です。
Commented by fuko346 at 2013-09-18 10:32
medalogさん
ありがとうございます。
大阪もいままであまり出ていなかった場所にも警報でていましたね。

幸い 家も裏山も無事でした。
で、のんきに 崩れた庭を見ています 笑
菜園が半分になって 悲しいのですが それも仕方がありませんね。
Commented by macska at 2013-09-18 13:22 x
大変なことでしたね。
お見舞い申し上げます。
あまりご無理をなさらずに、どうぞご自愛下さいませ。
Commented by fuko346 at 2013-09-18 13:40
macskaさん
ありがとうございます。
菜園 半分 壊れてしまいましたが、ちょうと夏野菜と冬野菜の
入れ替え時期で ま 良かった、と思うことにします。
Commented by 朋百香 at 2013-09-18 14:36 x
風子さま
まあ、大変なことに・・・お見舞い申しあげます。
梅の木、残念でしたね〜。 こんな太い幹でもポッキリと折れるんですね。
横浜でも今回の風の強さは家の中にいても「怖い」と思いました。
突風で玄関のドアがバターンと開いたのには、本当にビックリしました。
土砂との格闘、本当に疲れますよね。どうぞご無理なさいませんように。
と、言ってもやらなきゃならないのでしょうが・・・。
まあお家が無事なのは、何よりでした。

Commented by fuko346 at 2013-09-18 20:57
朋百香さん
ありがとうございます。

ほんとに自然の力はすごいですね。
再認識しました。

ここへきて 疲れが出たみたいで へろ~っとしていますが、
まあ ぼちぼちとやって「いきます。