月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

やっとこ 単衣きもの

昨日は 会の前の最後の大鼓のお稽古
最高気温30度を下回ったので、所作を確認すべく きもの を久しぶりにきました。
ほんとはお稽古はきもので行きたいのですが、7月初めから やはり夏に負けて まったく 着ることができませんでした。
お稽古場に辿り着くのが やっと というありさま。なんとか夏に強くなって夏きものをきなくては!!!

a0236300_10273212.jpg

きもの 竺仙の綿ちぢみ
帯   枡蔵さんの 八寸

居間から見える 裏庭に このところ ぶんぶんと オニヤンマが飛んでいて、このトンボの帯留を思いつき、使ってみました。ちょっと雰囲気は違うけどまだ トンボ、使ってもいいかなあっと。
このきものは 評判が良くて うれしいのでした。
きもの きもの しておらずかわいらしいところが いいなあ、と思っていただけるのかしら、と。

お稽古は所作を確認なんて のどかなことを言っている場合では ほんとは無くて、最後までつっかからずに打つのに必死です。
おへそのあたり いわゆる丹田に中心に気があるときはいいのですが、それが緊張するとずりずりと上がってきて、そうすると心臓がどきどきしだして 頭のてっぺんまで上がると もう 真っ白になって 覚えたものが飛んでしまいます。
それが はっきり分かるので それはそれでとっても面白いのですが、観察している場合では無いのでした。
いかに ずり上がっていくのを押しとどめるか、それが課題であります。

どうしてここまで緊張するかといえば、私としては客として見慣れた観世能楽堂の舞台に上がるだけで、もう、とんでもないことで、ましてや その舞台上で見なれた能楽師の皆さんにお相手をしていただいていることが、信じられないのでありました。
となりに曽和師 森田師 ぎゃ~~~~~!  という感じなのです。
それに気押されてはいけないのです、ううむ。

ごしょごしょ 言っている場合ではない。
明日は それなりに努めて それなりに楽しんでまいります。

思えばそういう場にいられること なんと果報なことでありましょうか。
ご一緒する皆さま どうぞ よろしくお願いいたします。
[PR]
by fuko346 | 2013-09-27 10:50 | 今日のきもの 秋 | Comments(6)
Commented by team-osubachi2 at 2013-09-27 11:58
こぶりな弁慶格子、お顔映りが想像できます〜♪
竺仙の綿ちぢみ、着易くて丈夫で
私も30代のはじめまでお茶のお稽古のときなんかによく着ました。
(私のは縞でしたが竺仙のはいい縞がありますね)
そちらもこの週末は快適な秋の一日になりそうですね。
どうぞお気張りやしておくれやす
Commented by 風子 at 2013-09-27 12:45 x
tomokoさん
ご愛用でしたか 綿ちぢみ。
私はこのきもので 初めて知りました。
さらさら気持ちがよいのにしっかりしてて、お稽古にはぴったり
です。

素人の会のことで なんやら大騒ぎしていますが、こういうことが
できるようになるなんて いろんな意味で感慨深いことなので、
つい、、、。
ほんとに こんな日々が来るなんて、です。
Commented by 朋百香 at 2013-09-27 21:46 x
風子さま
大胆な格子がワンピースのチェックみたいな感覚で素敵!
格子って若々しい感じですよね。
緑の帯締めとトンボさんが効いてるわ〜。

「気」が上がる感じ、分かります。
ヨガをするようになってから、丹田、意識するようになりました。
いつもドーンと肝っ玉母さんでいられると良いのですが、仕事が
忙しくなったり心配ごとがあると、やっぱり「ずりずり」と・・・。
まだまだ修行が足りません。
そんな時はひたすら、深い呼吸を心がけます。
風子さんもどうぞ深〜く呼吸なさって、大鼓、楽しんでくださいませ。
遠く横浜から応援してます。
Commented by fuko346 at 2013-09-27 22:45
朋百香さま
かあいらしいですよね格子柄。色と大きさでずいぶん印象が
かわりますがこれが茶の濃淡で格子も小さめで、気に入った
のでした。

気はほんと わかりますよね~~。
不思議ですね あれ 何なんでしょ。

私も心理の勉強していたとき 呼吸法 ずいぶんと練習したん
ですけど、、、
演奏が始まる前に おきゃくさんに分からないように
す~~~~~っと吐いて 吸ってをすることにしています。
わかっちゃうかな、、、でも 舞いあがるよりはいい、と
思うことにします。
Commented by 神奈川絵美 at 2013-09-30 01:12 x
こんにちは! 綿ちぢみ、私は今、こちらの記事で知りました☆
ちぢんでいる分、肌に当たる面積が少なくて、さらっとした感触なのでしょうか。ここ2、3年、秋単衣を探しているワタシには朗報かも。
舞台に上がるだけで緊張…わかります。
私は縁がありませんが、もし私でも、すごく緊張すると思います。
どうぞその緊張を快感に変えて、楽しみながらがんばってくださーい。
東からエールを送っています。
Commented by fuko346 at 2013-09-30 13:44
神奈川絵美さん
こんにちは!
綿ちぢみ、浴衣の範疇かもしれません。
きもの、としても十分に着れますけれども。
肌ざわり 着心地はいいです、お試しくださいな。

会はとっても緊張しましたが、とってもいい経験になりました。(*^_^*)