月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

大鼓の会 

28日(土)は お稽古させていただいている社中の 大鼓の会、初舞台でした。
私は 草紙洗小町 掛り三段 を務めさせていただきました。
思いがけないアクシデントがあって 上手くできなかったのですが、思い返すと それも いい経験だったなあ、と二日たって感じています。

圧巻だったのは 師匠の番外一調 江口
大鼓で これだけの情感が 感じられることができること自体が 驚きでした。
お能の音、だけで深く感情が揺さぶられたのは 初めてのことでした。

能楽堂の中に満ち満ちて行く 想い。
こんなことが できるのだ、と。

ご縁があって このお社中の一員となっていること お稽古させていただいていること、うれしく思います。
ぼつぼつと お稽古続けて それなりに自分の大鼓が打てたらいいなあ。



さて後宴は 四条御幸町上がったところの 料理旅館 近又 さん、で。
a0236300_16154043.jpg

お椀の中には 松茸が、、、。
こちらはだいぶ前になりますが 東京の両親を一泊で招待したことがあって、お料理が美味しいのは知っていたので とても楽しみでした。
期待は裏切られず、ああ、美味しかった。
皆さまとの歓談も楽しかった。
しあわせ、であります。


この日のきもの。
舞台を降りて すぐに着替えてしまったので着姿は無し。
あら~もったいないことをしてしまいました、よっぽど緊張していたのですね。
a0236300_1619557.jpg

きもの 単衣 名は 波
帯   喜多川俵二 穀織「双竜文」
織物は その布の美しさに目を奪われることがけっこうあるけど、柔らか物には きれいね、とは思っても それほど惹かれないのですが、このきものは わあ 美しい 欲しい~っと思って手に入れてしまった二度目かも。
一度目は 久呂田さんの訪問着、です。

何とも言えない地の墨色。
布のとろりとした手触り 波の模様のデザインと色と、ちょっとだけ施された白と金の縫い。
控えめな柄つけ。
みんな気に入る きものって そうありません。

a0236300_1625124.jpg

大きくしてみましたが 美しさをお届けできないのが 残念です。
月夜の水面に 波が静か輝いている そんな感じなんです。
こういうものが作れる この国を誇りたいのでありました。



お能の会なのに その話題が少ないのですが、私はまだ なにも語れないひよっこ なのでありました。
といって のめり込む 気持ちも 無いのでした。
どう言えばいいのか、できる範囲で 淡々と 見ることも 演じることも 続けていきたいのでした。
ただ、 大鼓を なんて面白いのだろう、と思えたことは収穫でありました。

お世話になった皆さま ご一緒した皆さま ありがとうございました。
[PR]
by fuko346 | 2013-09-30 16:38 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(20)
Commented by macska at 2013-09-30 17:32 x
お疲れさまでした。

このお着物で能舞台、さぞやさぞや素敵だったことと存じます。
写真がないのが残念です、拝見したかった。
そして、舞台の後の宴も美しくて美味しそうで、
羨ましい限りです。

ところで、番外一調って一調とどう違うのかしら。
Commented by 風子 at 2013-09-30 18:07 x
macskaさん
衣裳は素敵だった、、、、、笑
舞台の写真はのちほど 先生からいただけると思いますが
すごい顔していると思います。
眉間にしわで するどい目つき していると思われ。

おそらく(違っていたらごめんなさい) 番組外、この会の場合は
素人以外で 玄人の打つ場合は みな番外となっているので
そういう意味ではないかと。
今度 聞いてみますね。
Commented by つきのこ at 2013-09-30 18:28 x
風子さん、
「草紙洗小町」披き、おめでとうございます。
無事終えらたこと、何よりです。

お着物に大鼓の茜色の紐(専門用語?)がとても
マッチしていたのでは。素敵!
機会があれば、ぜひお写真を拝見しとうございます。

今度は私の番ですね、
いま必死で練習に励んでおりまする(汗)
Commented by fuko346 at 2013-09-30 19:55
つきのこさん
ありがとうございます。

あの紐は 調緒(しらべお)と言います。 
言われてみると 黒と茜色 映えますね、いかなることになって
いますことか。

会 きっと成功なさいますよ。
応援していま~~~す!♪
Commented by kaori at 2013-09-30 20:13 x

 拝聴させていただいたこと、本当にありがとうございます。
 (昨日はちゃんとお礼いえなかった・・ごめんなさい)

 舞台は、はなはだ おきれいでした。
 アクシデントも 難なく乗り越え、ご自分の世界に引き戻した
 本当に 初舞台とは思えない ことでした。

 着物は遠目でしたが、舞台全体の色合いのなか
 きりっとひきしまった、凛とした 風子さんらしい 静かな美でした。

 大鼓の音も、掛け声も、 気張らず力まず すっと 体の中に入ってきました。

 次回が本当に楽しみです。

 まずは、ゆっくりと余韻の中に、そして、お疲れをいやしてください。
 野菜育てて^^

  お疲れの中、お付き合いいただき、ごめんなさい。
Commented by macska at 2013-09-30 22:07 x
教えていただき、ありがとうございます。

考えてみれば、総合認定されているような方々と
同じ舞台に立てるなんて、
本当々々に贅沢なお稽古ごとですよね。

大鼓は私も凄くかっこいい楽器だなあと思い、
憧れてはいるのですが、
一調を聴いて、実のところ、どう聴いたらいいのか
わからない、という感想を持ってしまった楽器でもあります。

演奏者の問題ではなく、聞き手の問題、かと思うのですが、
もしも機会がありましたなら、ぜひともご指南賜りたく。

あ、先生からのお写真もこちらで拝見できるのを
楽しみに待っております。(笑)
Commented by fuko346 at 2013-09-30 22:13
kaoriさん
遠いところおいでいただき こちらこそ ありがとうございました。
お友達がきてくださるというのは ほんとうれしいことです。

出来の悪かった舞台について やさしい言葉 痛み入りますです。
次回は もっと上達しているよう練習しますね。

京都歩きもご一緒できて 楽しかったです。また遊んでくださいまし。
Commented by fuko346 at 2013-09-30 22:18
macskaさん
はい お能の世界は特別な世界だと しみじみ思います。
先日は 人間国宝の方々もご一緒していて、、、そこに
自分がいるのが どうも 変な感じがして。

大鼓は上手ければ とってもかっこいいです。
最初 聞いた 見た ときは びっくりしましたけれども。

一調 わかりませんか。
私は 音 からお能に入っているので 音 がいいとそれだけで
もう うれしくなってしまうのです。
音を 身体にしみ込ませれば それでいいのではないか、と
思うのですが、、、。
Commented by すずらん at 2013-09-30 22:32 x
頭の中で想像しています・・・・・
月影のさざなみのお着物に茜色の調緒、澄み渡る大鼓の音。
何て素敵なんでしょう。
一幅の絵のようです。
Commented by fuko346 at 2013-09-30 22:58
すずらんさん
えっと えっと えっと、、、、
現実はそんないいものでは、、、、、汗 汗。

すずらんさんの想像に少しでも近づけるように 練習しますですう。
Commented by Medalog at 2013-10-01 08:42
お疲れ様でした。
風子さんの晴れ姿を一度は拝見したいと思いつつ、
今回も伺えず残念です。
もし伺っていればお着物姿を写真に撮れたかもしれないのに…

ひとつ前の記事の話ですが、綿ちぢみの着物っていいですね!
残暑厳しい9月にピッタリだと思います。
綿ちぢみは、お手入れは自分でできるのですか?
Commented by team-osubachi2 at 2013-10-01 09:11
無事お務めなされたようで何よりでした。
みなさんのコメントを拝読し、披露されていた様子を想像しています。
それにしてもいいお召し物ォ〜、私も人さまのお着物でうれしがっております〜♪(笑)
Commented by fuko346 at 2013-10-01 10:40
medalogさん
また 機会がありましたら おいでくださいませ。
けっこう 面白いですよ お囃子 素人会。
玄人の音も楽しめましから♪

綿ちぢみ は洗えないみたいです、呉服屋さんに何でもうちで
洗おうとするのを見透かされたのか「家では洗わないでくださいね」
と念を押されたので 笑
着心地は いいですよ~。

(でも もしかして 洗えるのではないか 試してみようか、
なんて ちょと思っていたりして)
Commented by fuko346 at 2013-10-01 10:43
tomokoさん
ありがとうございます。

きもの 見て 喜んでいただけると 私もうれしいです。
人さまのもの見て わ~いわ~いと喜ぶのは きもの
好き共通ですね。
Commented by 朋百香 at 2013-10-01 12:06 x
風子さま
お疲れさまでした。 思いがけないアクシデントはつきものですね〜。
でも無事に終われば、すべて良し。「大鼓をなんて面白いのだろう」
という収穫が一番でしたね。

しかしビックリしました。
このおきもの、私が青山の八木さんで一目惚れした「波」のきものに
よ〜く似ています。私も同じく、柔らかものにはあんまり興味ないの
ですが、「わ〜、美しい、欲しい!」と思った1枚でした。
幸か不幸か、お金がなくて買えませんでしたが・・・
風子さんのお写真を見て、鮮やかに蘇りましたよ、あのきもの。
それは地色が深〜い濃紺だったか、紫紺だったか、白い波が
こんな風に細く描かれていて・・・
きっといつまでも忘れられない1枚なんだろうな。

いつか着姿を拝見したいわ〜。
Commented by fuko346 at 2013-10-01 14:22
朋百香さま
はい~ 私に合ってるかも。上手になるのはとっても難しいですけど。

そうでしたか八木さんに。
おなじ方が作られたのかしらん。

忘れらない一枚ってありますね。
私は 沖縄 あい工房の 銀ねずの 花倉織が忘れられません。
Commented by 志織子 at 2013-10-01 20:50 x
風子様、大鼓の会お疲れさまでした。
ステキなお召し物ですね。
近くならばぜひ拝見したかったです。

さて、綿ちぢみ 決して洗わないでくださいね!!!
わたしも竺仙の綿ちぢみを持っていました。
木綿なので当然洗えるものと思っていたので
(呉服屋さんも何も言ってくれなかったし・・・)
洗って縦も横も、見事に縮みました。
着られなくなってしまいましたよ~(涙)。
洗えない普段着の木綿って、意味ないですよね。
Commented by 風子 at 2013-10-01 21:02 x
志織子さん
ありがとうございます。

え、そうなんですか、洗わなくて良かった。
呉服屋さんが きっぱりと 洗わないで、と おっしゃたのは
正しかったのですね。
でも、ほんと 洗えない木綿、、、ごにょごにょ。
Commented at 2013-10-01 22:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 風子 at 2013-10-01 23:07 x
sさん
はい そうです。