月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

季節の 香り

a0236300_19334458.jpg

あの台風からこちら 山里では晴れのお天気が続いています。
あおい空には鰯雲、季節はどんどん うつろっていきます。

数日前、例年のように 「あ、キンモクセイ」。
その香で 存在を知らせます。
だいぶ枝を剪定してしまったので 花がさくかしら、と気がかりでしたが少ないながらにちゃんと咲きました。
でも、昨年までのようにてんこもりに花がついているわけではないので、その香は控えめ。
むせかえるようでないところが 私の好みです。


庭をぐるりと見てみると あら 柿も色づいてきている。
と、、、

a0236300_1938151.jpg

一足先に 熟したを 鳥か何かかつついて、そのあとに お食事中の方が。
ハナムグリ のようです。
なかなかの面構えで ありますね。

夜さり、カエルはすっかり声をひそめて 虫の音が高く。
いろんな声がしますが、それもだんだん力が無くなって来ているような気がするのは 冷たい夜風のせいでしょうか。

でも 昼は暑い日が続きましたね、思えば10月ですものね。
一昔前とは ひと月くらい 夏が長くなったようです。
[PR]
by fuko346 | 2013-10-02 19:44 | 山里便り | Comments(2)
Commented by 山名騒然 at 2013-10-03 20:35 x
まだしばらくは単衣が着れそうですね。
Commented by fuko346 at 2013-10-04 08:38
はい 洋服の方が半そでなのに 袷を着ているのは
おかしいことだと 思います。
きものの きまり ってどこか ちょっと偏屈、じゃないかと。(~_~;)