月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

小さい秋

a0236300_134261.jpg

居間から見える裏山の斜面(すぐそこ)に 見なれない色があるので よく見るともみじが色づいていました。
あれ、こんなとこにもみじ あったかしら。
行ってみると藪にまぎれて ひょろひょろと20cmくらいに伸びあがって育っていました。

そこらじゅうにある木のどれかの子供のようです。
ここにもみじの大木が育ってしまったら困ったことになりますから 高さを塩梅してどんなふうになっていくのかみていくことにいたしましょう。

緑のあいだは 見つからなかったのに、色、というのは 主張するものですね。

つい 小さな秋 なぞと 使い古された言葉を 使ってしまう かすかな営みに 目がとまりました。


そうそう おとといの晩、あんまり寒くて 電気ストーブをつけてしまいました。
あの暑い夏は どこへ行ってしまったのでしょう、今年の夏の暑かったぶん 冬は寒いのかなあ。
ぶるぶる。
[PR]
by fuko346 | 2013-10-22 13:14 | 山里便り | Comments(0)