月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

建仁寺 開山栄西禅師八百年大遠諱慶讃大茶会

a0236300_20485467.jpg

台風接近の雨の中 行ってきました 建仁寺茶会
建仁寺には四頭茶会、というものがあると知り 行ってみたいと思っていたところ お声をかけていただいたので これ幸いと参加です。

例年では4月に行われているものですが 今回は800年忌の行事の一環として 他の茶席もにぎにぎしく とり行われました。

お席は
・本坊   大方丈 室中の間 大本山 四頭茶会
・西来院 武者小路千家 木津宗詮
・久昌院 堀内長生庵
・両即院 表千家 大中会
・正伝永源院 三斉流  (出雲のお流儀 400年変わっていないそうです)
以上 お薄席に皆 席入りしました。

・霊洞院 藤田美術館 濃茶席 には 入りませんでした。ここはお道具が素晴らしいはずなんですが、そんなにお抹茶 飲んだら胃痛がしちゃう。 

・禅居庵 点心席 美味しかったです。特に白みそのお椀が、、、、。

さて 四頭茶会なるものですが 常の茶会とはまったく違い 茶道が日本で形になる前の 禅寺での茶の供仕方を踏襲しているもののようです。
文章でお伝えするのは難しいので ネットで探した 動画を張り付けておきます。
鎌倉の建長寺の四頭茶会の模様です。ご興味のある方はどうぞ。

建長寺 四頭茶会
 
建仁寺のものも ほぼ こちらと同じです。大変 興味深い 茶会でした。
禅寺の清々しさは好ましいものですが、この茶会もきびきびとした若い禅僧たちが気持ち良く また 初めに供えられるお香の香りも 御馳走です。 

他のお席も 特別な茶会とて お道具たてが素晴らしく 例によって 美術館で展示される級のお道具が使われていて 味わい深く。
何百年も前のものが その由来と共に 残っていることに 想いを馳せます。
あと こちらもいつもながらですが、茶会ですと 普段は入れない場所に すいと入ることができて、ゆったりとお茶を楽しむ、という贅沢ができます。
襖絵や調度品など ちょっとだけ単なる見学人ではなくて も少し近しく感じられることができます。

ありがや ありがたや。
 


さて 今日のきものですが、ほんとは特別なお茶会だから ちょと常よりおしゃれしていこうかしら、とそれも楽しみにしていたのですが なんせ 台風です。
ニュースでは 雨 風 警戒せよ、と連呼している、のに 茶会ですと、、、。
といっても茶会に洋服はどうも 座りが悪いので、失礼とは思いつつ 簡素化してしまいました。
a0236300_21263353.jpg

きもの 小花模様ちりめん小紋 母から
帯    織りに縫い 名古屋

きものは40年以上前のもの、帯は結婚するときに叔母にいただいたものなので30年近く前のもの。
この きものは解いて 羽織にでも、、、と考えていたので もし 雨風で むちゃくちゃになっても ぎゃ!とはなりません。
しかし きものの 命は長いものです。

雨草履に雨コート。 足袋カバーに 替え足袋持って。
うれしいことに 雨はときおり土砂降りになりましたが 風が無かったので なんとかお席入りするに はばかるような 濡れ鼠にはなりませんでした。
(きもの率は半分以下でした、あきらめた人の方が多かったようです)

めでたし めでたし。

10時半から4時半までお茶三昧。
本日も 非日常を味わう ひとときの夢、でありました。
[PR]
by fuko346 | 2013-10-25 21:37 | お茶会と稽古 | Comments(6)
Commented by sachiko at 2013-10-26 10:15 x
これはまた・・・ 常とは異なる特別な茶会ですね。。。

先日の萬斎さんのボレロ鑑賞 厳島神社での十三夜の舞台等々 「楽しみ心待ちBOX」にまた一つ追加ですぅ
たくさ~~ん溜まっているの(^_-)-☆

Commented by fuko346 at 2013-10-26 14:15
sachikoさん
このお茶会(といっていいのかどうか)、、、 おすすめ、です。
ぜいぜひ。

私も鎌倉の建長寺さんの 四頭の茶会も 体験してみたいです。
ちょと 感じが違うみたいなので。
Commented by 朋百香 at 2013-10-27 06:58 x
風子さま
素敵なお茶会。 雨にお庭の苔も美しいですね〜。
これだから京都はいいなぁ。 
実は私もお誘いがあって、来週お茶会に・・・
娘時代はお稽古してたんですが、お作法すっかり忘れました(困)
お茶会といえば、やっぱり小紋か色無地でしょうかね?
Commented by fuko346 at 2013-10-27 10:54
朋百香さん
はい 雨はきものすがたには困りものですが、お庭の緑は
とても美しかったです。

お茶会、もう その会によって様々。
自由なとこから 皆さん ぼぼ一つ紋付き無地、まで差があります。
なので一概には言えなくて。
で、もっとも無難なのが 色無地、です ← 後ろ指さされない 笑

ただ 私はもっと自由でいい、と思っています。
なので 大寄せの茶会でしたら 紬の無地、訪問着、等
着て行きます。
着物の世界 コスプレみたいのもあり、の反対に ずごく
不自由になっているような気がします。
Commented by yukiko at 2013-10-28 00:53 x
四頭のお茶席、どこだつたかのお寺で参加したことがあります。イケメンのお坊さんたちが颯爽と動かれるのが実に新鮮で...(笑)

お茶会の着物、会場、規模、趣旨、招く側、招かれる側などによって本当に様々。雨の日には私も祖母がさんざん着たのを仕立て直した江戸小紋などを選ぶことが多いです。
Commented by fuko346 at 2013-10-28 20:07
yukikoさん
行かれたことあるのですね~四頭の茶会。
若いお坊さんたち きびきびしていて気持ちがいい、修行の一つ
なんでしょうね。

お茶会のきもの
格の高い(という言葉も難しいけど (~_~;) )以外は
もっと自由でいいんじゃないの、と思っているのです。