月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

きもので美術館

a0236300_21284544.jpg

滋賀県立近代美術館
紅葉狩りが目的ではなかったのですが、ちょうど見ごろに出会えました。
a0236300_21302656.jpg

赤がきれいだったので その前で、、、

目的はこちらの特別展 柳宗悦展─暮らしへの眼差し─
民芸運動の創始者 柳の集めたもの、書いたもの、書斎の復元、説明も丁寧にしてあり 見応え十分。
すべて同意、とはいえないけど 名の残っていない市井の人々の手仕事は 力強く美しいのでした。
布好きとしては やはり そこに目がいって しまいます。 布を強くするため、の目的ではあるけど その中で出来る限りの美しさを込めた 刺子、こぎん、のきものには 作った人の気持ちが溢れ出ていました。

この美術館は広い公園になっており 森もあり 池もあり、美しい場所で、良い展示もあるのですが、いつも空いているので 実に気持ちのいい場所なのでした。贅沢が味わえます。

きれいなものを見た後はランチへ
a0236300_2142213.jpg

車で少々走り
ル・ゴーシュ・セキ
滋賀県栗東市安養寺8-3-12
更紗をお召の方が向かいに、、、
このライ麦のパン 美味しかったので二個も食べてしまいました。
a0236300_21462089.jpg

メインの鯛。
あと前菜とサラダとデザートとついて 大変 お得なお値段 美味し。
お腹一杯になりました。

今日は久しぶりにお天気も良くて 滋賀の半日を心行くまで味あわせていただきました。


a0236300_21485245.jpg

日ぐれて撮ってたので色が沈んでしまいました。
きもの 士乎路紬
帯    紬地東京友禅 佐藤節子さん作
今しかない 吹き寄せ柄、年に一度でも外に出してあげられて良かったです。
季節のものは その季節に合わせてけっこう焦って使ってもその年に出せないこともあり、仕舞ったままだと、きものにも帯にも申しわけないなあ、とか 感じてしまうのでした。
何年も出してあげていないものもあるな、、、と 箪笥の中が気になってしまいます。
すねていないかしらん。
[PR]
by fuko346 | 2013-11-14 21:53 | 今日のきもの 秋 | Comments(10)
Commented by あふみ at 2013-11-15 06:58 x
昨日はお相伴ありがとうございました。写真一番手前で撮ったふうこさんが大きく撮れてる分採用されたんですね♪お天気良かったからすべてが晴れやかに見えますね。
Commented by fuko346 at 2013-11-15 11:57
あうみさん
こちらこそ 昨日は車の送迎 ありがとうございました。
近いはずなんですが 今一つ 場所のイメージがまだできていません。

これは遠い方です。 加工してみました。(^v^)
まあ どちらでもよかったのですが 顔の判然としないほうが今や
採用されるのでした。 笑
Commented by 神奈川絵美 at 2013-11-15 13:31 x
こんにちは! 美しい紅葉の景色に、麗しいお着物姿…絵になる一枚ですね。帯の吹き寄せの感じが、ぎっしり(笑)ではなく、はらり、はらりで、過ぎゆく秋を惜しむよう…。
私も民藝運動時代の作品好きですし(ハマショーこと濱田庄司とか)、柳宗悦展は一度、銀座松屋で観たことがあり、風子さんと同じく、力強さや大らかさを感じました。また井の頭線にある民芸館にでも行きたいなあ。。
Commented by fuko346 at 2013-11-15 21:06
神奈川絵美さん
こんにちは♪
この はらり感、好きです。 そこはかとなく秋、って感じで。
もう今は少し季節が遅いかなあ、ですね、紅葉が始まるか
始まらないか、のときが一番 ぴったりかもしれませんが、
そうするとずっとお蔵入りになってしまう 笑

民芸 いいですよね。
日本民芸館もいいですね、あそこ 外とは違う時間が流れているようで
好きな場所です。
Commented by team-osubachi2 at 2013-11-15 21:27
柳宗悦よりも・・・い〜い焼き加減のパンの色と丸み、焼き肌。
そしてゲージツ的に添えられたバター(ですかね?)・・・に釘づけです(笑々)。
Commented by fuko346 at 2013-11-15 21:38
tomokoさん
ふおっふおっ お目が高い 笑
じつは お店の人が聞いたらがっくりするかも、ですが お料理も
美味しかったのですが、このパンとバター 今まで食べた中で
記憶に残る限り 一番 美味しかったのです。
パンとバタをぱくぱくと二個 食べてしまう、というのは まあほとんど
無いことです。

店主が美大出ということらしく バタも芸術的でしたのよ。
Commented by 朋百香 at 2013-11-17 19:32 x
風子さま
まあ、きもので行くにはピッタリな美術館ですね。
ほんと、絵になるわ〜。
グリーン系の無地紬でしょうか? はらはらと散る秋の葉も美しく、
まるで紅葉とコーディネートしたような・・・。
そして、やっぱりこの焼き色。これだけで美味しいパンと分かります(笑)
Commented by fuko346 at 2013-11-17 21:13
朋百香さん
もし 機会があったらお立ちよりくださいね、いい展示もしえいますし
とても気持ちのいい場所です。
人が少ないのが 一番良くて もったいないことではあるのですが、
行く側からすると好ましいのでした。

このきもの 微妙な縞で、微妙な片身代わり なんです。
遠目には無地に見えますけれども、、、。
お気に入りの一枚です。
Commented by straycat at 2013-11-17 23:08 x
風子さま♪

風子さんの志乎路はこちらですね♪
深緑のようなグレーのような、複雑な色合いですね、玉虫みたいにも見えます。
紅葉の帯、出番がつくれてようございました。
吹き寄せの間合いが絶妙ですね。
季節のものって、本当に出番を作るのがやっとで、追い立てられるように着て終わりってことが多いです。仕事をしているとなおさらそう。
もう少しゆったり暮らしたいものですが、私の場合、ゆったりが、のんべんだらりになりそうで(笑)
柳宗悦のものって確か、万博公園の民芸館にもあったような、、生活の中の美って考えたら至極当たり前のことのようにも思えますね、それに気づくか気付かないかの違いだったりして。
Commented by fuko346 at 2013-11-18 10:21
straycatさん
そちらの記事を見ていたせいか 手が士乎路に伸びました。
風が冷たくなる頃に纏っているような気がします。
季節物は追い立てられるように 今日なら これ!と決まるので
悩むことが無いのも 面白いですね。
一年分 そんな帯があったら 悩むことが無くなりますね 笑

宗悦さんの民芸について書いたものなど読むと ほお、となり
ますが、ん? とひっかかることもあり、美しいものはだた美しい
のだ、、、と呟いてみたりして。