月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

日本茜と 紅葉

久しぶりに きもので 京都。
京都駅でお友達と待ち合わせてタクシーで行きました。
a0236300_10333863.jpg

ザ ソウドウ 東山 京都
高台寺のすぐ近く、日本画家竹内栖鳳のお屋敷を 改装したイタリアンです。
以前 前を通ったときには 結婚式場なのね、と思っていたら レストランもあったのでした。
着物で行くと ウエルカムドリンクのサービスがある、という うれしい驚きでした。
窓際の席、お庭から柔らかく差し込む陽の光が シャンパングラスを通って 虹ができて、うっとりきれい。

ここしばらく 不具合だったので なおさらうれしく 感じました。
建物そのものと サービスを楽しむ 美しい場所です、ゆっくりと お話もできました。
a0236300_10451283.jpg

お庭がきれいだったので しばし散策しました。
京都へ観光でいらした方をお連れしたら きっと喜ばれると思います。

その後 八坂さんまでお散歩。
紅葉の盛りのころは すごい人だったでしょうが 今は 静かで 名残の赤を 楽しむことができました。
あとは四条通りをお店を覗きながら お買いものなどして、お友達と別れ、これまた久しぶりの大鼓のお稽古へ。
お稽古は夕方からなので、京都へ出る時間を有効に使おうと以前から思っているので、ですが なかなか稽古場へ行くだけで精一杯なことが多いのですが、これからは もうちょっと なんとかしたい、きもので行く、のも増やしたいのでした。

東京行き、風邪引き 引きこもりで 一月休んでしまいましたが、穏やかに受け入れてくださる師匠に深く、感謝です。
やはり お休みしてしまうと 大鼓を持つ手の感覚や 掛け声など、ありゃ 変、、、、と感じることがあって、お稽古、きとんと行かなくては、なのですが、無理すると続かないから、ぼちぼちと。


a0236300_1055213.jpg

きもの 牛首紬 
帯    日本茜染め (田中ゆきひとさん作)

この茜の帯は 元気をいただけるので今日はこの子を 箪笥から出してあげたかったのでした。
色の変化が楽しみだったのですが、去年 びっくりするほど落ちついた色は 今年は そう驚くほどは変わっておらず、でも、奥から色が輝いてきたような そんな気がしました。
帯の色を損ねたくなかったので 帯締めを溶け込ませてみました。
[PR]
by fuko346 | 2013-12-06 11:04 | 今日のきもの 秋 | Comments(10)
Commented by Medalog at 2013-12-06 15:24
楽しい一日をありがとうございました。
この楽しさを胸に、年末年始まで頑張れそうです(笑)。
一つ前のブログを今読みました。復活おめでとうございます!
シャンパンで乾杯できてよかったです。

日本茜染めの帯は一目見た瞬間から目を奪われました。
エネルギーを秘めた色ですね。
帯締めもほぼ同色ですが不思議と帯締めが帯の茜色を引き立たせているように見えて、いつも無難にまとめてしまう自分のコーデがつまらなく感じてしまうお姿でした。
またご一緒できる日を楽しみにしています!
Commented by fuko346 at 2013-12-06 17:39
medalogさん
乾杯、私も とてもうれしかったです (^v^)
久しぶりにご一緒して 楽しかったですね。

この帯、ほんとにきれいで力があって作者さんの想いが
こちらに伝わるものです。

medalogさんは帯締めの色もすっきりまとめておられて、
素敵でした。
でもまたに冒険してみるのもいいかも。
きもの、 楽しみましょう♪
Commented by kaori at 2013-12-07 00:27 x
この帯 いつも画像からでも元気をいただきます。

ありがとう と 思います

 なにか纏うことによって、嬉しく思う、そして元気になる
 そういう ことって あるように 思います
Commented by fuko346 at 2013-12-07 10:01
kaoriさん
はい。
日本茜の色 なんですよね、すごい、力です。
逆から見ると ある程度の気力がこちらにないと
手がでません。
きもの って 面白いと思います、やっぱり非日常なんで
しょうねえ。

あれこれ 楽しみたいです♪
Commented by straycat at 2013-12-08 11:28 x
風子さま

これまた素敵な取り合わせ。
実はこの茜ちゃん、某所で拝見してすごく迷ったのです。
でも相応しい方のところにお嫁に行けてよかった。
深いですよね、色が。
何とも言えず奥からじわ~っと滲み出して来るような色、そして落ち着くのですね、それも自然の色なればこそ。素敵だなぁ~
じかに締めてらっしゃるところ、拝見したいです。
そして、京都のここ、是非行ってみたい。
Commented by fuko346 at 2013-12-08 17:41
straycatさん
この帯
そうでしたか 「ゆきさんの帯 残ってないでしょ、もう?」と
お聞きして 出てきたのがこの子で、即決でした。
ご縁なのかな。
色が揺れているようで、魅力的です。

このお店 ぜひ おきもので。
窓際のお席を予約して、どうぞ。
京都の良いおうちが 取り壊されている中、どいいう意味でも
残っているのが うれしい、です。
Commented by 朋百香 at 2013-12-10 13:01 x
風子さま
ここのお店、以前京都の友達と行きました〜。
美味しかったので、その後も京都行く度に行ってました。
きもので行ったけど、ドリンクのサービスあったかな・・・?
もっとももう何年も前の話ですけどね。

茜色の帯、大人の赤でいいお色。
牛首紬、この間、横浜高島屋でフェアやってて素敵な縞があったの
ですが、頑張って踏みとどまりました(笑)
お召しのものは、ベージュピンク系でしょうか?
Commented by fuko346 at 2013-12-10 21:30
朋百香さん
いらしたことがあったのですね~~~♪
わたし あそこ 結婚式場だとばかり思っていたのです。
サービス ありませんでした?
最近なのでしょうか。

え~ 牛首 踏みとどまってしまわれたのですか~残念。
(って 呉服屋さんのまわしものでしたい)

色 そんなに違って見えますか。
グレー 深緑 紫 の 私の鉄板大好き色 なんです。
Commented by 朋百香 at 2013-12-11 15:25 x
風子さま
ごめんなさい。私のパソコンでは紫がピンク系に見えます。
こういう紬は写真では撮りきれない、ニュアンスカラーですものね。
グレー、深緑、紫。 ふふっ、私も好きな色ですー。
きっと実物のお色、素敵でしょうね〜。

いつか、京都行ったら、あのレストランでランチしましょ♪♪♪
Commented by fuko346 at 2013-12-11 15:49
朋百香さん
深緑というかお抹茶色というか それとけしむらさき、もうすぐ
手にとってしまいます 笑

わあい あそこでおきもので、、、、お待ちしております(*^。^*)