月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

第59回 同明会能

第59回 同明会能
2014年2月22日(土) 12時半開演 京都観世会館

・独鼓 金剛流「右近」 金剛龍謹、林大輝(小鼓)
 
・舞囃子 金剛流「八島」金剛永謹
森田保美(笛)、林大和(小鼓)、石井保彦(大鼓)

・一調 金春流「葛城」 高橋忍、前川雪(太鼓)
  
・居囃子 宝生流「咸陽宮〜琴曲ノ会釈〜」 帆足正規(笛)、吉阪一郎(小鼓)、河村大(大鼓)

・一調 金剛流「芭蕉」 今井清隆、石井仁兵衛(大鼓)

・舞囃子 喜多流「熊坂」 大島輝久
杉信太朗(笛)、竹村英敏(小鼓)、井林久登(大鼓)、前川光範(太鼓)

・舞囃子 観世流「定家〜甲ノ掛リ 埋留〜」 観世喜正
光田洋一(笛)、林吉兵衛(小鼓)、井林清一(大鼓)

・大蔵流 「三番三〜鈴ノ段〜」
茂山逸平、山下守之、左鴻泰弘(笛)、伊吹吉博,古田知英,曽和尚靖(小鼓)、渡部諭(大鼓)

・一調 観世流「胡蝶」 浦田保親、井上敬介(太鼓)

・舞囃子 宝生流「天鼓〜盤渉〜」
和久荘太郎、杉信太朗(笛)、竹村英雄(小鼓)、武重正律(大鼓)

・無謡一調 幸流 曽和博朗(小鼓)

・一調一管 喜多流「望月」 大島政允、杉市和(笛)、前川光長(太鼓)

・舞囃子 金春流「高砂〜舞序破急ノ伝〜」
山井綱雄、森田保美(笛)、曽和尚靖(小鼓)、谷口正壽(大鼓)、前川光範(太鼓)

京都を中心に活躍する 能楽囃子方の団体が主催する年に一回の会、です。
お囃子が好きなので 楽しみにしているのでした。

今回はシテ方五流が勢ぞろい 贅沢な番組でした。
うきうきうき、、、、

はい、大変楽しゅうございました 四時間弱が あっという間に過ぎてしまい、もったいないくらい。
お能一曲演じて 流派の違いを比べるのは 時間もかかるし 一曲に没入してしまったら 流派の違うことなんて気にならなくて その差を感じることは少ないでしょうが、舞囃子のように 短いものを 次々に見ると 
おお! 違う、と分かります。

舞いの違いはよく分かりませんが、謡、と 足運びの違いは はっきり差があるようです。

金剛 金剛 金春 宝生 金剛 喜多 ときて 観世流になったとき 「わ 安心 聞きなれた謡」と思いました。
金剛さんはともかく 他の流派は 京都で演じられることは少なく 耳慣れないのでしょう。
聞きなれる、というのは すごいことのようです。

ふと思うに
常には 囃子方がどんじゃか かってにやっては お能が台無しになってしまうので、それぞれの塩梅で演じているのだと思うのですが 今日は 囃子方中心の会。
お囃子が きりっと立っていて 気持ち良かったのでありました。
そして いつも思うのですが こういう会に来る人は 能楽囃子が好きな人なので、おシテよりも、、、囃子方中心に見ている人が多いと思われ、きっとやりにくい舞台なのではないかしらん、などと。
演じた シテ方の方に お聞きしてみたいものです。
[PR]
by fuko346 | 2014-02-22 22:19 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(4)
Commented by つきのこ at 2014-02-26 12:12 x
風子さん、お久しぶりです。
お元気でしたか〜?

お囃子好きな方なら、たまらない番組でしたね。
ここんとこ能楽堂にはいっていませんが、
能舞台の特別な空間を演者と共有出来るだけでも、
心地よいです。
3月頃からまたポチポチと能楽堂通いが始まります。
Commented by 神奈川絵美 at 2014-03-01 11:28 x
こんにちは! 私は数えるほどしかお能の鑑賞経験がありませんが、こうして複数の流派が「短く、次々に」お披露目する催しは、初心者にとっても勉強になりそうな気がします。
昨日、クラシック音楽に合わせて「三番叟」を舞う、という演目を観ましたが、企画の斬新さに感心する一方で、「やっぱりお囃子方の方がいいなあ」なんて思ってしまいました。またお能、観たいなあ・・・。
Commented by 風子 at 2014-03-04 11:31 x
つきのこさん
こんにちは。
はい この番組は 毎年 楽しみにしています。

この先 東京でのフリーな時間が作れそうです。
能楽堂 ご一緒できたら うれしいなあ。
Commented by 風子 at 2014-03-04 11:34 x
神奈川絵美さん
ご返事が遅れました。
今回は 長めの介護上京中です。

お囃子 お好き?
いいでしょ 東京でもお囃子の会ってあるのかしら。
機械があったら行ってみてくださいね。
三番叟は あの能楽囃子がいいのだと思うけど、クラシックだと
どうなるのでしょうか。