月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

オニユリの森に陽が昇る

a0236300_12264222.jpg
 
昨夜 ほとんど眠れなったので 夜が明け始めて 起きてしまった。
まあ 朝から がんがん 照る日の暑さ。

二時 三時まで眠れないってことは なじみのあることなので、困ったことだなあ、と思いながらベットの上で転々とするのですが、そのまま ええい起きてしまえ、とすきっと 目ざめて庭に出て ふわあと胸を広げてみる、なんてことは 初めてのことです。

虫やらセミやら小鳥やら 鳴き出してきて 朝で~~す 夜が明けました~ とだんだん賑やかに。
そして早朝の山の匂いが満ちています。

ん、気持ちいいこと。

気持ちいいですと、そりゃ びっくり。
今までの眠れない朝は 悲しかったり苦しかったり辛かったり したのに。

もしや こころの深いところの闇に陽が射したのかしら。
明けた部分があるのかしら。

ゆえなく ぎりぎりのところで 何かが助けてくれている そのぎりぎりを超えられるようにしてくれる、という感覚があります。
外界のことは できることは限られているので 自分の中をどう扱うか、との闘いに、 生きてい行くこと、とはそういうことだと思うのですが、一つ またなにかつかみ取ることができたのかなあ、と。


そういえば 昨年は暑苦しくて嫌い、と書いたこのオニユリ。
一群の小さな森になるくらい どん と咲いて、そして今年はけっこう愛おしく見えていたのでした。
こころの持ちようが変わると 見える世界も違うのは わかっていても そのたびに驚くこと、です。
[PR]
by fuko346 | 2014-07-25 12:42 | 山里便り | Comments(2)
Commented by 神奈川絵美 at 2014-07-26 13:03 x
こんにちは!
>こころの持ちようが変わると 見える世界も違うのは
すっごくわかります~。何でしょうね、知らず知らずのうちに、目にフィルターがかかっていて、曇ってみえたり晴れやかだったり、しますよね。
ここ神奈川でも、朝から「鋭い」といっていいくらいの日差しで目が覚めます。でも自然のにおいや音とは無縁な住宅地なので、風子さんのお住まいの環境に憧れます。
Commented by fuko346 at 2014-07-27 20:08
神奈川絵美さん
こんにちは♪
そうなんです 見えるものって 自分のこころを
映しているのでしょうね。

自然 とってもいいのだけど、、、先日 また ぶゆにさされて
ひどいことになってます~泣