月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

能楽囃子 と うるし

京都市近代美術館 「うるしの近代」 を拝見に。
何人かの方が素晴らしいとの感想を述べておいでだったので 期待して。

期待を裏切らない 展示品の数々でした。
人の手が生み出す 美しさ、に見とれます。
今回 新鮮だったのは 下絵が展示してあったこと。
思えば下絵があるのは当たりまえなのに、その実物を見たことがなかったので、興味深く拝見しました。

作品の超絶技巧には 感嘆するのですが、自分が欲しいな、と思うのは あっさりしているけど力のある、静かな音のする作品。
あのその他に比べたら 地味な 内側だけに 簡潔化された椿が ぽんぽん、とあるお椀 良かったな。
技術や芸術性より 自分が欲しいな、と思うものを頭に描いて見てしまう癖、って 鑑賞法としては どうなのかしらん。
a0236300_10133037.jpg

中やすみ
白川を見る 風雅な席で 今年初氷。

さてお次は 京都観世会館へ
前川七曜会  前川光長・光範社中による素人会 です。
太鼓 をお稽古なさっている皆さんの発表会。
音の海に 身を委ねて しあわせ。
お囃子好きには たまらないのでありました。
あれやこれやでお稽古はまたしばらくお休みしてしまったので お師匠の大鼓を久しぶりに拝聴して、ほれぼれ。 お稽古する気力がちょっと湧いてきました。

a0236300_10274622.jpg

会館でお会いした お稽古仲間と 軽く食事。
予約の取りにくい ダ ユウキ に 運よくお席が二つ 空いていました。
なんだかよくわからん 写真になってしまいましたが 美味しいマルゲリータ。

午後からの半日 岡崎あたりで 目も耳もお腹も 堪能、でございました。
[PR]
by fuko346 | 2014-08-04 10:34 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(0)