月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

採血

え~ お見苦しいけど(それにいやに太く写ってるし)、小さく 載せてみます。
a0236300_22243466.jpg

派手に 内出血しています。 

保険組合で行う 簡易な健康診断を去年から 受けています。
そこでの 採血の結果であります。
ここまでひどいのは 久しぶりだなぁ、と感慨深く。

血管 細いです。
医療者が 「う~~~~ん」というほど 細いです。
ある ドクターは 「うむ、腕は太いが血管は細い」と 失礼なことを言いましたが ほんとなので くすっと笑ってしまったりして。
まあ、笑うような状況じゃあ なかったのだけど。

手術室に4回も入っているので、採血、輸液 どれだけ針をさしたか わかりません。

検診のときはは 採血ばっかり毎日して慣れているので、上手な人が多く この日も安心していたのですが、間際になって実は ちと 不安でした。
だいたい採血するときって 何人か担当者が 並んでいますでしょ。
この人はだいじょうぶ この人はちょっと不安だな、って もう わかるのです。
ぁ、あの人がいいな、と感じた人には順番で当たらず ちと不安 という人に当たってしまいました。

結果 ああ やっぱり。
上手く 針が入らず ごそごそ針先を動かします。
痛いのよ~。
焦らせてはもっと痛い目に合うので にっこり大丈夫ですよって顔しているし 言いもしますが。

どうしてわかるかって。
雰囲気がね、 ほんやかしている人は まず 下手です。
緊張感が少ない とでもいいますか。

上手な人は 佇まいに きっとした感が あるんです。
真剣味が伝わるというか。
血管 細いな、と見るや じっくり腕をみます、そして針を寝かせ気味にして 針先を 目を近づけてじっと見て 一瞬 息を止めるんです。
一点集中。 すっと入ります。
たぶん 針先の角度も吟味してるんだと思います。
ほんとに上手な人は 痛みもほぼありません。
むろん 跡も残りません。
小さな小さな赤い ぽち があるだけ。

下手な人はこの反対。 無造作にぶちっと刺して あ 入らないってそこからあわてます。
何回やってもだめで、 他の人を呼びに行ったこともありました。恐怖であります。
お願いですから 血管の細い人には 病棟で一番 注射の上手な人を回してくださいませ。

*経験 針を刺す場所。
ひじのあたり 二の腕の内側 手首 手の甲 足の甲 入らなくなったら 順次 場所が移ります。
*病院によって技術の差 あります。
*放射線科の医師は上手 毎日 造影剤入れてますものね。(気質もあるのかも、、)
放射線科といえば 印象深い医師が二人。
1: 僕、注射うまいでしょ と言った方。
2: ベットに横たわっている私に つかつかと近づき 手をとり 針を刺し つかつかと去る、終始無言の方。
このときは びっくりして 終始 ドクターを見つめてしまいましたが、目は一度も合いませんでした。
その後 看護師さんが 飛んできて フォロー、いろいろ説明してくれました。あの方はいつも ああなんだろうなあ。

ひどい青じみを 見ていたら いろいろ思いだしてしまいました。
とはいえ あれこれ お世話になりました、なのです。
[PR]
by fuko346 | 2014-08-28 23:20 | おもいつれづれ | Comments(0)