月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

バルティス展 京都

a0236300_21155598.jpg

会期は7日まで ぎりぎりに行ってきました。
これは 見ておきたかったのです。

見てよかったな、うれしいな、って 素直に思える展示でした。
まず 色がきれいで 気持ちが澄んでくるような。
有名な 少女が きわどい姿勢をとっているのは なんでこの姿勢じゃなくちゃいけないのかなあ、と思って、そうねえ 足がきれいにみえるなあ、と。
それと 微妙なアンバランスが違和感を感じさせないのは なぜかしら、とか。

描いた人の人生とか 回りの人たちの関係とか そういうものは あまり考えないで、目の前のものを見て、そこからこちらに向かってくるものを感じたい。
ひととき、浸っていたい、と 私の鑑賞法は そんなもの。
バルティスの絵は 気持ち良かったな。
それと 地中海の猫 の前では しばし くく くく 笑ってしまいました、楽しかった。個人蔵 なんですね、この画。どんなところに 飾ってあるのでしょう。

あとは ジャコメッティの肖像。
ジャコメッティは もうずっと昔 展覧会に行って 初めて これ欲しい、と思った作品があって印象が残っているのです。あの小さな 像、 どこかでまた会うことがあるのでしょうか。
あれを作った人は こんな顔をしていたのか。
や 久しぶりです、いえ はじめまして ですね、やさしそうな方ですね。
あなたが あの像を作った人、なんですね。

そしていつもの、、、一枚 手に入るといたら あの 窓 の絵が 欲しいです。
あの絵が かかっている家に住んでいたとしたら、、、いいなあ、 ほわ~。
そんな気分で会場を後にしました。

a0236300_2141456.jpg

京都市美術館の窓。
今まで何度も来ているのに 気がつきませんでした。
バルティスの 窓 と すいと 重なったのかもしれません。


a0236300_21425949.jpg

ランチは 近くの 疏水沿いの ダ ユウキ
このイワシ と スプマンテ 美味しい しあわせ ほおぅ。
もちろん マルゲリータもいただきました、スモークチーズを選んで 食べたことのない味と香りも楽しませていただきました。
このお店は はずれが ありませんね。

お友達は きちんと単衣をお召で素敵でした。
私は、、、体調不良で きものを着る気力がでていません、哀しい。
麻着物に帯と小物は 秋色で 取り合わせて準備してあったのですが。

とはいえ 出かけることはできて 楽しい想いもできたので よしよし です。
[PR]
by fuko346 | 2014-09-05 21:50 | 展覧会 | Comments(8)
Commented by Medalog at 2014-09-05 23:59 x
展示会場のお土産コーナーでバルデュスの絵はがきを買おうかどうか迷っていて、候補に猫も窓も入っていたんですが結局一枚も買わず…。
一枚買えばよかったと後悔していますが風子さんからトラフィカをいただいたのでそれで満足することにします。

ダ ユウキのスモークモッツァレラのピザ、初めて食べる風味で美味しかったです。
価格もお手頃だし予約必須の人気店なんでしょうね。次は違うピザ、違う料理をいただいてみたくなりました。
Commented by macska at 2014-09-06 01:37 x
お盆に行ってきました。
色が奇麗でしたし、
確かに挑発的な、そんな感じもありました。
そして少し不思議な感じでもありました。

今度、行く機会があったら、
この美味しそうなイタリアンに行ってみたいです。
Commented by fuko346 at 2014-09-06 10:45
medalogさん
これ 割引券のついた お知らせはがきなんです、地下鉄の駅に
たくさんあったので いただいてきました。
宣伝費 かかってますね。
美術館のおみやげこーなーって魅力的だけど、私も
我慢してなるべく買わないようにしています。
あのファイルは大きさがちょうど良かったし、、、(^v^)

ダ ユウキ、次回美術館めぐりと合わせて また行きたい
ですね。
Commented by fuko346 at 2014-09-06 10:47
macskaさん
いらしたのですね。
お盆の時期は混んでいませんでしたか。

このお店 平日でも予約したほうが無難です、人気店
なんですよ~。
たまあに お席が空いているときもあるのですが。
Commented by 神奈川絵美 at 2014-09-06 22:19 x
こんにちは。バルテュス、私はパスしてしまったのですが、
一見不思議な構図でも、どこか透明感があって惹きつけられるものが
ありますよね。
>ひととき、浸っていたい
私も、同じような観方をするのが好きです。

ジャコメッティって、そういえば作品を観る機会はよくありますが、
本人像を見たことがないかも。あの、針金のような彫刻をつくる人は
どんな方なのでしょうか。

お食事も美味しそう&楽しそうで、素敵な一日でしたね☆

PS おりがみの後日談、アップしました。お時間あるときにでも・・・。
Commented by fuko346 at 2014-09-07 11:01
神奈川絵美さん
こんにちは♪
話題になっている絵などを メディアなどで見ていた印象
と 実物は かなり違っていました。

ジャコメッティさんは (絵では) やさしいお兄さん、
に見えました。 繊細さも感じられましたよ。
どうしてでしょうねえ、たぶん すごく若い頃 10代だったと
思うけど、買える、といういう意味ではもちろんなく、展示品を
見た瞬間に あ、これ 欲しい、と強く思って 立ち去りがた
かった強烈な記憶があるのです。
小さい、おっしゃるように針金のような女性の像、でした。
あの印象には それから出会っていません。
Commented by 朋百香 at 2014-09-07 18:18 x
風子さま
「目の前のものを見て、そこからこちらに向かってくるものを
感じたい」  なる程、素直な見方ですね。
私も絵を見る時はそんな感じかな。
あとは好きか、嫌いか、です。
私は実はバルティスのあのキワドい姿勢、好きではありません(笑)
それは少女を描くなら、こんな風に描きたいという自分なりの想いが
あるからかもしれませんね。
やっぱりあれは、男性の絵です。
あれ、ごめんなさい。別にけなしている訳ではありませんよ。
見る側が気持ち良ければ、いいですよね。
Commented by fuko346 at 2014-09-07 19:53
朋百香さま
はい~ 私も あの姿勢は なんでかな~? と。
有名な数枚 だけでなくて たくさんあったので、
あれは バルティスが美しい、と思う形 なんで
しょうね。
そうじゃない絵もたくさん あって 良かったです♪

私は  ああいう姿勢で、 かつ 身体が写実じゃ
なくて 異常に細いとことか 太いとことかあるのに
 絵としてバランスがとれているのと 色、に
惹かれます。
それと 猫の顔!!