月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

一人 温泉宿

a0236300_126224.jpg

無事 帰ってきました。
一人運転 東京往復 久しぶりだったので だいじょぶかな、と少し心配でしたが 復活の証、にしたい気持ちもあって、敢行です。
って 大げさですが、私としては冒険なのでした。
昨年暮れからの 両親の完全介護状態、両親も落ちついてきましたが、私も落ちついてきたようです。
が、この一年が飛んでしまったな、というのが正直なところです。

霞がかかってしまった頭が ふっと軽くなったきっかけが 毒沢鉱泉だったことは 書きました。
東京から帰宅すると 寝込む、ということを繰り返してくましたが、あのお湯に入ると元気が出るのでした、そこで 今回の上京では帰りに一泊してこようと 企んだのでした。
前回 泊まったときに おひとりさまのお客さんが 自然になじんでいたのを 見ていたので、勇気が出たのでした。

おひとりさま 温泉宿 デビューであります。
ちと 淋しくはありますが、ゆっくりとすることができました。
三回目の 毒沢のお湯、気持ちいい なんだか すごく親しみがあるような 帰ってきたような そんな気持ちがしました。

宿の主人に いいお湯ですね と言いましたら 慣れてしまってわかりません、というそっけないお言葉。全体、ここはそっけないです。といって 嫌な感じではありません。
ニンゲン 30日も同じ温泉に入ると、もう そこのお湯の効用は身体が慣れてしまって効かなくなるのですって。リセットしたければ 別のお湯か 普通のお湯、に入るのですって。
ほう、ですが わかるような気が。

今回のお部屋は水神
まあ 気のせいかもしれませんが 前回 見たような気がする 白い影、がまた呼んでくれたのかな、と思うことにします。
また 来ましょ。

さて 行き帰りの道は 紅葉も盛りで 錦の回楼を行くよう。
といっても帰りは 雨と霧で 怖かったのでありました、一番 ぎょ、としたのは 恵那山トンネルを出た途端、真っ白で先がまったく見えなかったとき。
前の車が速度を落としてくれていなかったら 危なかったなあ。
ああいうこともあるのだなあ、と心に留めておかなくては。
ナビがついたので 下道も楽しんで ときおり ふんふん、と鼻歌もでたりして。

この先の 人生の晩秋の季節を 楽しむことができるかも と小さな自信が胸の奥から ぽっと湧いたのでした。


東京でのおでかけは、は ぼちぼち 更新していきますので また見てくださいね。
[PR]
by fuko346 | 2014-12-02 12:32 | 山と温泉と旅 | Comments(8)
Commented by 凡蔵母さん at 2014-12-02 14:55 x
私一人で出掛けるのごが好きですが東京ですか!
輪島まで出掛けましたが❤又ゆっくりお話し聞きたいですね。
Commented by fuko346 at 2014-12-02 16:09
凡蔵母さん
コメント ありがとうございます、嬉しいです♪
よく一人でおでかけになっていますね、颯爽としてて
いいなあ、と拝見しています。
そちらへの御用(?)もあれこれあって 伺いたい
と思いつつ 取りまぎれています。
お忙しいから、、、休日でお時間のあるときには
お声かけてください ランチでもご一緒して
お話したいものです。
Commented by kaori at 2014-12-02 20:55 x
無事お帰りなによりです! 
Commented by 神奈川絵美 at 2014-12-02 21:00 x
おかえりなさーい(というのも変? 笑)
一人温泉宿、いいですねぇ。自分のためだけの時間、自分を癒すことだけに集中できる時間、貴重だと思います。
なるほど確かに、来る日も来る日も同じ温泉に浸かっていると、身体が慣れてしまうものなのかも知れませんね。何とも贅沢に思いますが・・・。
Commented by sachiko at 2014-12-02 22:14 x
一年ぶりに風子さんらしい時を取り戻される旅・・・

必要不可欠なご用事 少しの時間のゆとり
心に・・・ 体に・・・ 
優しい時をお過ごしになられたのでしょうか

少しではなく次回はお時間たっぷりとってくださいね~
お待ちしています
Commented by fuko346 at 2014-12-02 22:46
kaoriさん
ただいま~~~~ (^v^)
Commented by fuko346 at 2014-12-02 22:49
絵美さん
チャレンジ だったのですよ~ 笑
ふだんもほとんど日常は一人だけど、温泉宿に一人と
いうのは、、、なんだか 今更ですが大人になった
気分。
身体が慣れちゃうって 聞くと ああそうかも、って
納得しません?
Commented by fuko346 at 2014-12-02 22:54
sachikoさま
いちどきに 話の通じなくなった二人を一人で
背負っていくことに慣れるのに時間がかかり
ました。
錯乱 していたかも、、、(~_~)
状況は変わらないので それをどう受け止めて
どう動いて どう生きるか、とりあえず、胸に
落ちたような。
どうぞ またお付き合いくださいませ。