月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

北関東へ (2014秋 東京2)

新幹線を使っても 2時間半かかる 叔母の家がある北関東の都市へ。
30数年ぶり、でしょうか。元は大塚に住んでいて 子供頃何度か行ったことがあり、そちらの記憶のほうが残っています。

その前に。
その同じ都市に住んでおいでになって 「あ、叔母のうちがあるから、いつか伺いますね」といって もう数年たってしまった おきもの繋がりのお友達のおうちへ行くことができました。
a0236300_954123.jpg

その前に 美味しい創作和食のお店で ランチをいただきました。
ほっこり~~~~。

ブログでちらり ちらりと拝見していた お友達のお宅は それはもう素晴らしくて、おお! とか ほう! とか 感嘆詞 の連続でございました。
茶室にて 流し立て で おいしいお茶を一服いただき、また ほっこり~。
雨の中 送迎もしていただいて 感謝、でございます。
ほんとうに久しぶりの 叔母の家、少し足が重かったのですが、力をいただいたことでした。

a0236300_1035246.jpg

今日のきもの
きもの 本場結城 阿波藍で染めた糸で
帯    紬地 名古屋 佐藤節子さんの作

いつも素敵なおきもの姿のお友達 そしてきものが好きな叔母の家へ 行くのですから どしゃぶりの雨でも、きもの でございます。
(改まったときに着る服がない、ともいう)

ところで叔母のところ。
うちは 親しく親戚付き合いをする家ではなかったので叔母以外、あまりなじみはないのでした。
が、はじめてといっていいくらい お嫁ちゃん(従兄の)、その息子ちゃん(こういう関係をどういうのでしょう)、とお話することができました。
その場にいなかった従兄からは電話があり、東京駅で待ち合わせて 御食事をすることになりました。
待ちあわせ場所に行くと、従兄とその息子二人が 待っていてくれて、丸ビルの上層階のお店で 晩御飯を。
従兄 いわく 家族 全員に会わせたかった、とか。
私の記憶の中の 一番 印象深い従兄は 早くに亡くなったお父様の葬儀で 学校の制服を着て泣いていた姿。
それが もう定年になり 息子が三人 それも大きな素敵に育った息子たち。
四人で 食事しながら 不思議で不思議で たまりませんでした。

肉親の縁が 浅い、です。
ここへきての こういう場面に 戸惑いながら じわり と暖かいものを 感じていました。
[PR]
by fuko346 | 2014-12-04 10:26 | 今日のきもの 冬 | Comments(2)
Commented by yukiko at 2014-12-06 00:16 x
お稽古で流し点やったことがありますが、まさにこういう遠来のお客さまとおしゃべりを楽しみながらという時にピッタリなんですね~。S子さんのお写真も拝見しましたが、ご自宅でこんなふうにお茶でおもてなし、こういうお茶の楽しみ方いいな~、とつくづく思います。
ご親戚ともとても良い時間を過ごされたようで。最近は私も従姉や叔母を観劇や食事に誘って会っています。法事などで顔を合わせるだけでは聴けない昔話なども楽しいですものね。
Commented by fuko346 at 2014-12-06 14:57
yukikoさん
コメントありがとうございます。
ここコメント少ないのでうれしいです (^v^)

はい~、あんなふうにすっとお茶室で、、、なんて
夢の夢ですが、簡単なものなら一服、という設えに
田舎さびた風でも準備したいなあとは思っているの
でした。