月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

獅子と狛犬

a0236300_22125347.jpg

ご近所 MIHOミュージアム 「獅子と狛犬」神獣が来た遥かな道 を 会期ぎりぎりに 見てきました。
なお 明日でおしまい、です。

近くなので 最終入場時間4時少し前に 滑り込みます。
がらがら、、、
ゆ~ったりと しん、と静かな空間で 楽しむことができました。
たぶん 少し前まで 期日ぎりぎりの土曜日ということもあって、けっこう混み合っていたのではないでしょうか。
そんな たくさんの人の残して入った空気、のようなものを感じました。

神社の脇にいる 二頭の狛犬、そんなにじいいっと見たこともなく。
今回の展示、面白かったです。

ライオンー獅子ー狛犬 そうかあ、、、
そして 東の果てのこの国にくると もう それは 狛犬以外の何物でもなく、和風、になっています。
あと 東北の狛犬。
きゃ 独創的。
素敵。
ふと 土偶 縄文の女神 が頭の中に浮かんできて。
どこか通じるものがあるような。
風土 だけじゃなくて 人種が ちと ちがうのではないかしら。  北からこの列島にやってきた人たち。

最後に 土砂崩れのせいで 掘り出されて 発見された これも まあご近所の神社の、神像と、狛犬が展示してあったのですが、この神像が、、、印象的。
はっ と してしまいました。
獅子や狛犬は ふんふん、と見ていられたのに、この神像には 足がぴたと止まってしまい、ぎく、と。
古来からの 人々の うやまってきた 神、というのは 力強くて、想いがこもっているようで。
仏像、とは 違うものを感じます。

こういう神像はだれが作った、なんてわからないけど、底力、を感じるのでした。

ああ 面白かった。
次の展示は 三月から、 楽しみにしていましょう。





                  
[PR]
by fuko346 | 2014-12-13 22:36 | 展覧会 | Comments(0)