月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

2015 年末年始

a0236300_12582996.jpg

謹賀新年 でございます。
今年も どうぞ よろしく お願いいたします。

a0236300_130242.jpg

このところ 年越し東京行きの恒例になっている 途中の温泉 一泊。
下部温泉古湯坊源泉館
かなり大きめの浴場、岩場の上に板をめぐらしてあり、その下から源泉が湧いている、という温泉好きにはたまらないお湯。
傷に効く、という湯はけっこうあるけど ここはほんとに効くみたい。家人の傷もかなり良くなりました。治したい、という気持ちの湯治客が主体のようです。
ただし 混浴なので(館内に男女別の内湯もあります)、湯あみ着、を持参することをお勧めします。
一度行ってみたかったので 大満足。
お湯も良かったのですが 女将はじめ従業員のおばさんたちが とってもいい感じでした。こちらも得難いお宿かも。

a0236300_13101185.jpg

小夜の中山
新東名から行ったので 寄りました。
年たけて また越ゆべしと 思ひきや いのちなりけり 小夜の中山 
ー西行ー
この うた が好きで行ってみたかった場所、こちらも満足。
子育て飴、を 一本 食してみました。
この道で 難儀した 旅人たちも 食べたのかなあ。

両親に会いに行って いつもの家の片づけ 掃除 庭樹の剪定、仏壇にもお線香をあげて、子も来て、ごくごく簡略のおせちとお雑煮。
来年は 山里で きちんとお正月をしよう、とこころに決めます。
親から子へ 伝えたいこともあります。
30年を超えて続いた親孝行ですが、こちらの用意 行ってからすぐのそちらの用意、二軒分の年越しを、ばたばたと過ごすお正月をこなす 気力 体力が尽きて来たように思います。
きちん、とした お正月を過ごしたことのない子に、お正月って こういうもの、と知って欲しい気持ちが強くなってきました、。
裏山に 裏白と榊と男松女松を取りに行くことから始まる 年越しを、記憶に留めて欲しいのです。

a0236300_13312033.jpg

帰ってきた 山里、大雪でした。
東京も記憶にないくらい 冷えたお正月でしたが、こちらはもっと、、、、。
暖冬とかいっていたなあ、、、、この冷たさはいつまで 続くのでしょうか。

なにはともあれ、穏やかな 一年でありますように。
[PR]
by fuko346 | 2015-01-05 13:35 | 山と温泉と旅 | Comments(5)
Commented by kaori at 2015-01-05 14:24 x
今年もよろしくお願いいたします

この年代になると、行ったり来たりが本当に身体に堪えます。

お宅で代々伝えられてきたお正月を 成長したむすこくんと 一緒に迎えるって良きことと。 

Commented by fuko346 at 2015-01-05 15:55
kaoriさん
どうぞ よろしくお願いいたします。
お遊び お付き合いくださいませね。

舅姑がいた頃は こちらで新年を祝ってから行った
けど、その頃はまだ子供だった息子、ここでのお正月
の記憶があまりないはずなんです。
そろそろ私たちのお正月を大事にしたい、と思う
ようになりました。
Commented by 朋百香 at 2015-01-09 21:37 x
風子さま
一軒でも大変なのに、二軒のお仕度ななお大変でしょう。
うちは孫旋風が吹き荒れて、(なにしろ活発な子で)
目を回しているうちにお正月が終わりました(笑)
今年は京都の方に行けるといいなぁ・・・。
Commented by fuko346 at 2015-01-11 13:33
朋百香さま
お孫ちゃんがいらしたら お仕事が増えますね。
でも うれしいお正月、でもありますね。
うちは いつになることやら、、、
早くしてくれないと体力が、、、なくなり
ますう、、、笑
Commented by fuko346 at 2015-01-11 13:34
おっと 大変書き忘れました。
京都 おいでくださいね~、御一緒できたら
いいなあ。