月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

読むこと

a0236300_1571975.jpg

水辺にて 梨木香歩  ちくま文庫

物心ついたときから 現実よりも 本の世界に生きていたような。
読むこと は 生きること。

この本も ああ、と すうっと胸に落ちる言葉が 並んでいる。
その中で

ゆっくりと治ってゆこう 陽に透けて横に流るる風花を吸う
      河野裕子歌集「歩く」



件の 冬のバラ
一つ 新しい 蕾が ふくらんでいるのを 見つけました。
うふ
[PR]
by fuko346 | 2015-02-03 15:21 | おもいつれづれ | Comments(2)
Commented by リアスの風 at 2015-02-03 21:11 x
リアスの海岸に吹く風はまだまだ凍てつきますが 光は確実に春です。新しい薔薇の蕾!悴んだ心もすこーし解けるような。
河野裕子さん 大好きな歌人でした。明日は立春。大声で 豆撒きしました??
Commented by fuko346 at 2015-02-04 09:46
リアスの風さん
こちらも マイナスの朝が続いています。
今頃が一番 寒いですね。
でも 春の気配、はかすかに漂っているような。

うちも豆まき いたしました。
今日は立春、良い年が始まりますように。