月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

六根清浄大祓

山里の氏神さまで 厄除祭があり 参加しました。
初老の人たちが厄をはらい 還暦の人たちをお祝いする、のが大意、でしょうか。
小さい神社の小さいお祭り。
宮司さんのお祭りとお祓いが丁寧で、こころに染みました。
どうも 私は仏さんより 神さんにちかいようだなあ、と感じていましたが、今回 宮司さんが印刷してきて配ってくださった 六根清浄大祓、を 全員で一緒に唱えて あれ 私が思い至ったことととても近い、、、、と少し驚いたのでした。
神社にはあちらこちら 小さいときから手を合わせてきて 身近にあったのに、今頃気がついています。
ちと長いですが 書いておきましょう。
こころの深いところで ばらばらだったものが 一つ かちっとかみ合わさったような気がします。

六根清浄大祓
ろっこんしょうじょうおおはらえ

天照坐皇大神の宣はく
あまてらしますすめおほかみののたまはく

人は即ち天下の神物なり
ひとはすなはちあめがしたのみたまものなり

須らく静め謐まることを掌るべし
すべからくしずめしずまることをつかさどるべし

心は即ち神明の本主たり
こころはすなわちかみとかみとのもとのあるじたり

心神を傷ましむる莫かれ
わがたましひをいたましむるなかれ

是の故に目に諸諸の不浄を見て
このゆえにめにもろもろのふじょうをみて

心に諸諸の不浄を見ず
このゆえにめにもろもろのふじょうをみず

耳に諸諸の不浄を聞いて
みみにもろもろのふじょうをきいて

心に諸諸の不浄を聞かず
こころにもろもろのふじょうをきかず

鼻に諸諸の不浄を嗅いで
はなにもろもろのふじょうをかいで

心に諸諸の不浄を嗅かず
こころにもろもろのふじょうをかかず

口に諸諸の不浄を言ひて
くちにもろもろのふじょうをいひて

心に諸諸の不浄を言はず
こころにもろもろのふじょうをいはず

身に諸諸の不浄を触れ
みにもろもろのふじょうをふれ

心に諸諸の不浄を触れず
こころにもろもろのふじょうをふれず

意に諸諸々不浄を思ひて
こころにもろもろのふじょうをおもひて

心に諸諸の不浄を想はず
こころにもろもろのふじょうをおもはず

是の時に清く潔よき偈あり
このときにきよくいさぎよきことあり

諸諸の法は影と像の如く
もろもろののりはかげとかたちのごとく

清く浄よければ仮にも穢がるることなし
きよくきよよければかりにもけがるることなし

説を取らば得べからず
ことをとらばうべからず

皆因よりして業とは生る
みなはなよりしてこのみとはなる

我が身は即ち六根清浄なり
わがみはすなわちろっこんしょうじょうなり

六根清浄なるが故に
ろっこんしょうじょうなるがゆえに

五臓の神君安寧なり
ごぞうのしんくんあんねいなり

五臓の神君安寧なるが故に
ごぞうのしんくんあんねいなるがゆえに

天地の神と同根なり
あめつちのかみとどうこんなり

天地の神と同根なるが故に
あめつちのかみとどうこんなるがゆえに

万物の霊と同根なり
ばんぶつのれいとどうこんなり

万物の霊と同根なるが故に
ばんぶつのれいとどうこんなるがゆえに

為す所願として成就せずと云ふことなし
なすところねがいとしてじょうじゅせずといふことなし




さて 12年一回り 
これからは また 産まれたての 一歳 です。
[PR]
by fuko346 | 2015-02-16 12:51 | おもいつれづれ | Comments(2)
Commented by team-osubachi2 at 2015-02-17 16:04
たとえ人の目には見えなくても、こんなに在るんだ、豊かな世界
・・・を感じさせてくれるような詞の響きですね。
今日はここらでもシンと冷える空気に、一線ピンとさせていただいたような心地になりました。
上のお召し物もス・テ・キ・です。士乎路紬、あったかそ♪
Commented by fuko346 at 2015-02-18 11:27
tomokoさん
神主さんが唱えておられる祝詞 何を言って
いるのかなあ、とは思っても調べたことはなく、
自分が唱えてみて 新鮮な驚きでした。
ちと涙が出そうになって。
士乎路は 結城と大島のいいとこどり、に成功
しているように思います。も 一枚くらい欲しい
けど、、、ふにゃあ 笑