月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

美しいものに囲まれて

東京でのつれづれ その2 3月13日

お友達と武蔵小杉で待ち合わせてランチ。
横浜方面 渋谷から行くより 早い、のはそう変わらないのですが人ごみに合わなくてすむ、とわかったのでした。
予約いていただいたお店で楽しくおしゃべりさせていただきました。

a0236300_16213194.jpg

以前サロンコンサートに伺ったことのある 美しい古民家。
a0236300_16222655.jpg

今回は 山本仕立て工房さんの 久米島紬を中心にした 展示会です。
もう わくわく  でしょ。
a0236300_16305440.jpg

布たちだけでなく こちらのおうちにある 古い美しいものたちも じっくりと拝見させていただき、さわらせていただき、大満足。
すべてに家紋の入ったお姫様のお化粧道具。鏡は想像を超えてずっしりと重く 驚きました。
a0236300_16265333.jpg

事前に相談したわけでもないのに、存じおりの皆さんが集まって、この時間 貸し切り状態に。
美味しいお茶の時間も持てました。

すてきなひとときを ありがとうございました。


a0236300_16332178.jpg

きもの ほぼ久米島紬 (久米島で久米島を織っていらした方が、鹿児島に移って同じように織っている品物)
帯   天蚕 織り九寸名古屋
帯留は 桜 です。

今回はきもの二枚 帯三本 持っていきました。
車ですから、ね。
[PR]
by fuko346 | 2015-04-01 16:40 | 今日のきもの 春 | Comments(2)
Commented by 香子 at 2015-04-02 12:17 x
ため息をあちらコチラに振りまいて来ました(笑)
あの素晴らしいお道具にお花見のお弁当拵えて
みなさんでお花見したいですねえ。。。

下の記事も拝見しました。
「家」と言う概念はワタシたち世代まででしょうか。
婚家のお墓はなんとかなっても実家の方までは
子ども世代には難しいモノがありますねえ。
Commented by fuko346 at 2015-04-02 13:16
香子さん
その節はどうも~~~~(^v^)
あのお道具で花見、ふわあ 想像しただけで
ため息、ですね。
ひと昔前の 日本は優雅だったのですよねえ。
(ある階級だけかもしれませんが)
お墓ねぇ、、、
自分がお墓も戒名もいらない人なので、ことさら
すっぱり、しているのかもしれません。
今の制度は そう昔にできたものでもないはず
なので、時代と共に、変わっていくのでしょう。