月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

ミホのしだれ桜

a0236300_9542387.jpg

ミホミュージアムへ行ってきました。
今年はしだれ桜を見ようと 開花とお天気を伺って17日、となりました。
今回の特別展示は
・曽我蕭白「富士三保図屏風」と日本美術の愉悦」
・バーネット・ニューマンの<十字架の道行き
の 二本立て、です。

a0236300_10097.jpg

満開 です。
小さな苗木だった桜たち、年ごとに大きくなって見事です。
a0236300_1015965.jpg

桜色が反射するトンネル。
これは そうそう考え付かない設計だと 見る度に思います。

久しぶりのお友達と3人で うらうら桜の下を歩き おしゃべりも楽しみました。
a0236300_10173042.jpg

お二人と別れた後 さらに奥にある 畑のしだれ桜 を見に行きました。
盛りは過ぎてしまっていましたが この木の迫力は十分に味わうことができました。
近いのに満開のときに なかなか来ることができません。
有名になってたくさん人が来るようになってから ちょっと足が遠のいてしまったのでした。

さて あとは裏の山桜と 野神さんの八重桜 ささやかなお花見を残すのみ。


a0236300_10222823.jpg

きもの 信州紬 小岩井工房
帯   塩瀬染め帯
先日見た 椿が見事だったので 椿の帯どめを使いました。
椿って お正月ごろから咲き始めて 今が盛りのものもあり、感覚的には遅いのだけど、まあいいかな、です。
桜 以外は 神経質にならないのは やはり さくら は特別な花 なのかもしれません。
[PR]
by fuko346 | 2015-04-17 10:26 | 今日のきもの 春 | Comments(6)
Commented by Medalog at 2015-04-17 20:58
お誘いありがとうございました。
MIHO MUSEUMの桜が見事と知りつつも大阪からだと遠いので自発的にはなかなか行けないのですが、今回はお誘いのおかげで見事なしだれ桜を堪能できました。
私はこの日で今年の桜は見納めになりそうです。
風子さんはまだ楽しめるのですね、やはり地域によって見頃が違うものですね。

帯留めの椿、敢えて桜以外の花を選んだのかな?と思って拝見していました。
綺麗な塩瀬帯と色合いがとても合っていてステキでした。
Commented by fuko346 at 2015-04-17 22:44
桜がきれい、とわかっていても 私でさえ 毎年は
行けません。桜の見ごろって短いですものね。
御一緒出来て良かったです。

満開の桜に 桜柄は 小物でもちょっとはばかられます。
さくら だけですね そういう気持ちになるのは。
ぱっと咲いて散る 潔さに 感応するのかもしれません。
Commented by 神奈川絵美 at 2015-04-17 22:45 x
こんにちは!ふふ、Medalogさんのとこから飛んできました。あの筍は、……お連れの方は絶対風子さん!と
確信しまして(笑)

お召しの信州紬、落ち着いた中にも何かこう、軽やかな
織のリズムを感じます。
この色あいは、信州らしいですね。風子さんの雰囲気に
よく合っていますね。

桜並木が見事ですねぇ。迫力すら感じます。
うちは明日、北の方へドライブして、桜を観てきます。
Commented by fuko346 at 2015-04-18 00:17
神奈川絵美さん
ふふ ばれますね。
この紬 緑とブルーグレーの格子が つぼ、でございます。
もう 好みも ばればれの気がします 笑

三春の滝桜が満開とか、、、
北の桜も素敵でしょうね、、、東北にも会いたい桜がある
けれど 遠いなあ、、、
ドライブ 楽しんできてくださいね。
Commented by 朋百香 at 2015-04-23 21:46 x
風子さま
美しい桜・・・夢のようですね〜。
いつまでも眺めていたい景色です。
今年はなんか、バタバタしてゆっくり桜も見ないうちに
散ってしまいました。
お陰さまでしばし、見入ってしまいました。

おきものと帯の組み合わせも素敵。
縞の帯、1本は欲しいな・・・。(あれあれ、また始まった)
Commented by fuko346 at 2015-04-23 22:41
朋百香さま
桜 お目にとまってうれしいです。
ここの桜は一見の価値あり、お時間に余裕のあるときに
ぜひ おいでくださいね。
そう、気がつかずに桜が散ってしまう、そんな時も人生には
なんどかあったような。
この先には 毎年 ゆるゆる花見ができればいいなあと、
朋百香さんにもそんな時がきますよう。

縞の帯ですか。
これ 地が薄桜色なんです。どうってことないものですが
今かなあと使ってみました。
縞、手に入れてくださいませ (^v^)