月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

野イチゴ

a0236300_125461.jpg
木イチゴ

a0236300_1261951.jpg
草イチゴ

いつもの裏山へ続く斜面。
ササユリの 隣のです。

口に含むと ほあん、と甘い。
以前は無かったはずなのですが、ここ数年 増えています。
どこから来たのかな。

かなり 繁殖力強し。
はびこり過ぎては 困るので 刈り取りつつ 毎年 ジャムが 作れるくらい 収穫できればいいなあ。

木イチゴのジャムが 自家製 って ろまんちっく ではありませぬか。
ふふ。
[PR]
by fuko346 | 2015-06-06 12:10 | 山里便り | Comments(4)
Commented by macska at 2015-06-07 00:46 x
木いちごのジャム、ロマンチック、ロマンチック。^^
その節は私にも、ぜひぜひ参加させて下さいませ。

Commented by 朋百香 at 2015-06-08 16:54 x
風子さま
はい「ろまんちっく」でございます。
うちの回りには蛇イチゴしかありません。
モリアオガエルも産卵、今年も見せて頂いて嬉しいわ。
そして一輪目のササユリも。
自然は素晴らしいですね、この異常気象にも負けず。
Commented by fuko346 at 2015-06-08 21:14
macskaさん
少女の頃 本ばかり読んでいた東京の子は、赤毛のアン、を
初めとする欧米の小説にある 野山で摘んだ ベリーやなんやらのジャム、というのに憧れていたのでした。

ふと 気がつくと 裏山に木イチゴが!
うれしや うれしや
Commented by fuko346 at 2015-06-08 21:18
朋百香さま
ここの 庭は けっこうなものだなあ、と 時折思いながら
眺めています。
田舎といって すぐ そこらに モリアオガエルやらササユリ
やらは そうそう ありますまい。
まあ 玄関開けたら 鹿 というのもありますが、、、、

自然は 異常気象だ、なんて 思いもせずに 淡々と
生きているのでしょうね。
だめなときは だめ、
それでも 隙をみては はびこるぞ、って強いんだろう
なあって。
ん~~~ 淡々と 生きたいですう~