月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

三徳山三佛寺投入堂

三朝温泉に泊まった 翌日 参拝してきました。
近頃 有名になっているので 御存じの方も多いかと。
a0236300_14421453.jpg

奥の院 投入堂
お寺で受け付けをして 靴のチェックを受けて、登ります。
見上げる 断崖絶壁に 建っていて どうやって立てたのか 定かではないそうな。
えいっと 投げ入れたそうな。
手前の黒い柵のところまで 近づけます。
a0236300_14464997.jpg

険しい修験道に こんな鐘楼や お堂や ありまして 手も使って 急な道を這うように登るのでした。
a0236300_14481323.jpg

登ったぞ、の証拠写真。
前日 雨が降ったので 乾いていても いかがなものか、の道は よく滑り とっても怖いのでした。
TVで放映さえれていたのを見たり お寺のサイトでも 危ない 危ない、と書いているのですが、きっと大げさに言っているのよ、と思っていたら ほんとに危なかった。

信仰というのは すごいもので こういうものを作ってしまうのですね。
そして 人はお参りに 登ってしまうのですね。
しみじみ、、、。
下の車道の投入堂遙拝所から 仰ぎ見ることができますので まあ そちらが無難かもしれません。
経験して思ったのですが、トレッキングシューズがお勧めされていますkれども、滑ります。
使いふるしの足袋(木綿のしっかりした底のもの)を持参して 受付に売っている わらじ、を掃くのが一番 歩きやすいか、と。
いつか わらじウォークというイベントで けっこう長い時間歩いたことがあるのですが 快適でしたし、あの坂を上り下りするのにも いいと思います。

とても 貴重な体験でした。
ほとんど動いていない日常から いきなりの運動で へ~へ~ 大汗かきました。
a0236300_1504780.jpg

ということで 三朝温泉へ戻って 温泉へ。
公衆浴場 株湯
三朝温泉 発祥のお湯、だそうです。
あ~ いい気持ち、でした。
[PR]
by fuko346 | 2015-06-24 15:05 | 山と温泉と旅 | Comments(4)
Commented by 朋百香 at 2015-06-24 22:09 x
風子さま
テレビで見ましたよ。凄い所に造ったもんだと印象に残ってました。いらっしゃたんですね〜。ほんと、信仰心て凄いと思います。でもその後のお楽しみ、温泉がなんとも羨ましい・・・。あ〜、もうどの位行ってないだろう。恋しや温泉。今、ベビーラッシュが続いていまして、まだ当分行けそうもないだろうな・・・。
Commented by fuko346 at 2015-06-29 10:16
朋百香さま
移動しておりましてお返事おくれました。
ここ TVで見るよりも 近くで実物を見ますと、
より「ひゃ~~~~」です。
作った人も そこへ行く人も 人間ってなんだろ、
って思ってしまいました。
自分も行ったわけですが、さて なんで汗水たらして
怖い思いして、、、ねえ。
ベビーラッシュはおめでたいですう、落ち着かれたら
ぜひお疲れをいやしに いらしてください。
Commented by Medalog at 2015-06-29 14:06 x
テレビで見たことがありますが、本当にどのように、そして何のためにここに建てたのか不思議ですよね。
上の方まで登って貴重な体験をなさいましたね。
私は下から見上げる派です、きっと。

わらじは意外と快適なんでしょうか?
時代劇や小説で、昔の人がわらじではるばると旅をしたという描写を見るたびに「歩き辛かっただろうなあ」と想像していたのですが、そうでもないのですね。
Commented by fuko346 at 2015-06-29 15:43
medalogさん
わらじ 素足だとすれて痛いかも、ですが
しっかりした足袋をはいていると 歩きやすいです。
足裏と指が全部 稼働しますでしょ、けっこう気持ち
いいのです。
といって それで何日も歩いたわけじゃないから
昔の人はたいへんだったかと、、、