月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

かねよ 寄席

a0236300_1553152.jpg

京都の鰻屋さん かねよさん で 寄席をしている、ということは知っていたのですが、いつかいつか、と思っていては いつになるかわからないので 昨夜行ってみました。
待ち時間にこちら。
栖園の琥珀流し。
8月は ひやし飴、だそうです。
こちらも食してみたかったので満足。
つるつる ひやひや。
a0236300_15562392.jpg

かねよさんでは月一の落語会をしています。
うなぎ丼をたべれば 寄席がついてくる、という かなり面白い趣向。ただし、チケットを手に入れるためには少々並ぶ、他 時間がけっこう必要です。
a0236300_15582865.jpg

こちらは 卵焼きがどおん と乗ったきんし丼が有名ですが、以前 逢坂山のお店で食べきれなった記憶があるので、普通のウナギだけ、のものにしました。
こちらの店舗に入るのは 初めてですが、いやあ 昔ながらの貴重な建物、下足札は 使いこまれた木札でございます。
鰻のおまけだから と思っていたら 本格的にしっかりと 落語も聞かせてもらって 楽しいやら、話術に感心するやら。
お店そのものも、鰻も 落語も しっかりと味あわせてもらいました。
落語は上方落語なんですが、どこか お江戸の下町の古い あの感覚が蘇って、 京都、ではないような。
そんな京都 もあるのですね。

a0236300_165358.jpg

待ち時間があるので うろちょろし、お買いもの。
帯にはさみ用 扇子。かわいい色目が欲しかったので選びました。
帯にはさむものは まず開くことはないので 色、だけで選びます。けっこうなアクセントになるので、重宝です。
え、ぱたぱた用は別に バックに入れております。

a0236300_1692991.jpg

着て行くつもりで準備した 一揃い。
ちと 精神に痛い懸案が持ち上がり 不眠が続いてめまいがし 夜遅くまでの予定をこなすのが不安だったので パンツスタイルにしてしまったのでした。
せっかくなので 雑誌風に撮ってみました。
きもの 小千谷縮
帯    夏紬 染め九寸 紫織庵
作った方は 芙蓉のつもりで描いているのかと。で、初夏には芙蓉といい 今頃は 槿だと言い張る、、、。
ちょうどこの色のものが 庭に咲いています。

帯揚は 葉の緑をもう少しくすませたような色、三分紐はグレーです。

昨日も今日も最高気温30度を下回っていますが 蒸し暑いです。
 歩くと汗ばむ陽気なので、もう少し麻物、着てしまうかなあ。
[PR]
by fuko346 | 2015-09-01 16:18 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(4)
Commented by Medalog at 2015-09-02 13:50
あ、お話しされていたのはこの帯なんですね!
改めてムクゲを画像検索してみたら、この帯の花にそっくりでした!ムクゲと言い張っても大丈夫かと思います(笑)
このような綺麗な染め帯、欲しいんですよね〜。う〜ん素敵。
この色目の組み合わせなら9月前半あたりにはまだまだ大丈夫そうですね。とても素敵なのでぜひ体調のいいときにお召しになってお出かけください。

楽しいお誘いありがとうございました。
京都のど真ん中ではなく、どこかの下町に紛れ込んだかのようでしたね。
あんなぎゅうぎゅう詰めな客席で落語を聴くなんて、なかなかできない体験だと思います。
Commented by fuko346 at 2015-09-02 20:57
medalogさん
はい この帯。一度しか使っていないので、もう少し出番を用意して
あげないとかわいそうかなあ、と。

落後 面白かったですね。あれはもう かぶりつき以上ですよね、
あんな近くで聞けるなんて、他ではないかも。
また ふらふら歩くのがいい時期に行きましょう、勝手がわかり
ましたものね。
席取り 席取り (^u^)
Commented by 朋百香 at 2015-09-03 14:39 x
風子さま
まあ、鰻に落語。近ければ絶対行っちゃう組み合わせです。(笑)
ムクゲの帯も黒地に白がキッパリと美しい! でも体調重視で賢かったですね。きものは無理して着ても楽しくありませんもの。いつの日かこの帯のアップを楽しみにお待ちしています。
Commented by fuko346 at 2015-09-03 21:59
朋百香さま
鰻に落語 それも 少人数でかぶりつき 笑
おすすめです、月に一度最終月曜日。席取りにやや時間がかかるのが
難ですけれど。
丈夫だったら もっと着物着て歩けるのになあ、って思いますが
ぼちぼち ぼちぼち ですね。