月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

修理中

a0236300_10481093.jpg

東京の両親の家 修理中。
足場が組んであります。
常には不在なのに もったいない、とも思いますが、だいぶ痛んできて このままでは 困ったことになる、と案じていた矢先、お隣が修理する、というので一緒に足場を組んでもらうことにしました。
もう少し 住める状態で 保ちたいと思います。
あまりにも ぼろぼろの空き家はご近所に迷惑ですものね。
この先どうするか ぼつぼつ考えましょう。

さて両親ですが 落ち着いて生活しています。
すごいなあ、と思うのは だんだんと身体が衰えるにしたがって その生活に慣れるよう いろんなところも衰えてきて、今の状態が そう苦痛でもなく暮らしていることです。
わかったような わからないような状態は わからない方向にしか進まないのですが、それも 今を生きる術なのだなあ、と感心します。
ここへ 至るには もう10年くらい あれこれ あれこれ しているわけですが、一歩離れて見ることができる余裕が少しでもあると これが私のお仕事なんだなあ、と素直にこころに沁みるものがあります。

もしかすると もう少し違う心境が味わえるのかもしれない、とぼんやりと薄明りが見えるような見えないような。
見えたらいいなあ、と希望しているのでした。
[PR]
by fuko346 | 2015-11-30 11:04 | おもいつれづれ | Comments(4)
Commented by 神奈川絵美 at 2015-11-30 23:23 x
こんにちは。
>その生活に慣れるよう いろんなところも衰えてきて、今の状態が
考えさせられます。
これがすなわち「現状を受け入れる」ということなのかな、
ご両親はそうは認識していないでしょうけれど、今に抗わず
身を任せていらっしゃるのかも知れませんね。
人さまのことに、出過ぎた言い方かも知れず、恐縮ですが、
私も、人生を受け入れることについて、向き合おうとしている
このごろです。
Commented by fuko346 at 2015-12-01 11:24
神奈川絵美さん
こんにちは。
二人とも90過ぎてますが年寄だとはいまだに思っていません笑
そういうことではなくて そういう認識で今の状態でも破綻
しないように うまくすべてが老いていく不思議、とでも
いいましょうか。
命の不思議、とでもいいますか。
4人分 その過程を見ていると 老いることもそう怖くなく
なります。
絵美さんは 何を受け入れようとなさっているのかしら、
聞いてみたい (^.^)
Commented by Medalog at 2015-12-01 11:50 x
ご実家の修理が始まりましたね。お疲れさまです。
お隣と一緒にというのはお互い騒音やホコリなども気にしなくて済むだろうし、ちょうどよかったですね。

ご両親が落ち着いて生活していらっしゃるのは、風子さんが日々奔走して今の環境を作って差し上げたからですよね。
離れてお住まいなのに本当に大変だと思います。
私は親に何をしてやれるのかな…

お忙しい日々ですがお体には気をつけてくださいね!
Commented by fuko346 at 2015-12-01 17:01
medalogさん
あちこち痛んでいて 今 修理に入ってもらってよかったです。
足場代をまけてもらったし(^.^)
今の状態は 私のできるベストだなあとは思うけど、二人はどう思って
いるのかなあ。。。

、、、先ほど 階段からちょこっと落ちました。
一人暮らしだと なにかあったら困るなあと ふと思ったりして。
もう あわわてて動いてはいけない、と改めて思ったのでした。