月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

マイナス 8.4℃

a0236300_11383710.jpg

強い冷え込みの続いているここ数日、山里は晴天、です。
夜には 星が びかびか 光っています。

空が蒼く 蒼く
胸を広げ 清冽な気を 一杯に吸い込むと 実に いい気持ちです。

晴れにもかかわらず せんだって降った雪は まだまだらに溶け残っています。

a0236300_1143261.jpg

そこらの水はみな凍っています。
メダカ鉢の凍りも厚いのですが、その下で ちろちろと泳いでいる姿が透けています。
池も凍っています。
この写真は 裏山から池に落ちている 小さな 流れ、です。
氷の下を ゆるり ゆるりと 動いている水が 見えます。
動いている水が凍ると こんな 模様ができるのですね。

全国的に(世界的に?)冷えた昨日は 最低気温はマイナス6,5℃ 一日中 氷点下の気温でした。
今日は 最低気温 マイナス8.4℃ 少しずつ気温はあがっているので 冷たさの底は打ったのでしょうか。

南国ではびっくりの寒さ。
ここ山里では 例年どうりで ことさら 寒いとは感じません。
どういう仕組みになってるのかしらん、、、、
[PR]
by fuko346 | 2016-01-26 11:56 | 山里便り | Comments(2)
Commented by team-osubachi2 at 2016-01-31 00:21
凍った水面が美しく、凍ったあとの空の蒼さも美しい。
冬の厳しさもまた美しいものなのですねえ。
Commented by fuko346 at 2016-01-31 10:30
tomokoさん
はい とても。
こおった空気さえも 美しいのでありました。

美しいって どの方向へでも極限に近いことを
いうのかもしれません。