月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

第61回 同明会能

能楽囃子好きの 年に一度のお楽しみ
京都囃子方中心の演目楽し。
今回は シテ方は 観世 喜多 金剛さん と三流で、見応えがあり、楽しませてもらいました。

お能は 白是界、というめずらしいものでした。
舞囃子6番、一調 独調一番 御囃 満喫。

お稽古をお休みしているので 久しぶりの皆さんとも 顏を合わせ ご挨拶もして 楽しい気分で能楽堂を後にしたのでした。


a0236300_1252537.jpg

ひさしぶりの きもので能楽堂。
きもの 真綿無地紬 袷 月見草で染めた 霜垣さん作
帯   縮緬地 染め名古屋 野口
根付は 鼓

この たんぽぽ つくし ほぼ無彩色 重め縮緬帯は どう考えても一月から二月、ぎりぎり着用です。

春らしさは 小物で。
帯締の房は 桃色、です。

今回は 安心 うれしい 自分らしい 取り合わせ。
[PR]
by fuko346 | 2016-02-28 13:02 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(4)
Commented by 朋百香 at 2016-02-28 20:20 x
風子さま
「たんぽぽ、つくし・・・」抽象的なので、まだ大丈夫なのでは?たんぽぽもこれからが本番ですものね〜。黄色の帯揚げと良くお似合い。帯締めの房が桃色っていうのが、またいいですね。
「春らしさは小物で」私もそれ派です(笑)
Commented by fuko346 at 2016-02-28 21:59
朋百香さま
この帯 かなり重めのしぼの大きい縮緬なので
どうみても 冬、、、なんですう。
房の桃色がきれいなんですけど 見えないというのも
なんというか、、、 笑
見えなくても 本人 いいないいなと喜んでいるので
きものって おかしいですね。
自己満足の極地でありますね。
Commented by Medalog at 2016-02-29 15:27
私もこちらの帯はもう少しあとまで締められそうな気がしましたが
確かに写真でもしぼが見えるので3月に入ったら重く感じてしまうのでしょうか。

久しぶりにお仲間とお会いになって、能楽囃子も堪能なさって。
楽しかったお気持ちが伝わってきます。
Commented by fuko346 at 2016-02-29 23:40
medalogさん
そうですね~ お二人にそう言われると 三月でもいいのかな、と。
柄は三月がぴったり、だと思うので、作った方はそのつもり、なの
かなあ、とか。
しかしおにしぼの縮緬って 真冬のみ と 思い込んでいるのは
私の頭が固いのかしら。
もっとゆる~く考えて 長い時期に使えたら、もっと出番が増え
ますものね。