月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

春はあけぼの

a0236300_20593464.jpg

蛍光灯の下で撮ったので 色が飛んでしまっています。
きもの 本場結城 胴抜き
帯    すくい袋帯 
帯留め 桜

きものは灰桜色、帯はかってに あけぼの と自分で名前を付けています。
なんとなく うらうらと開ける春の夜明けのような帯なんです。
帯あげも帯じめも 白っぽく見えていますね。
全体に 今の ぼうっとかすんだ春の気配が良く出たなあと感じたのですが うまく撮れませんでした、自己満足であります。

a0236300_2163261.jpg

京都市立美術館でのモネ展
印象 日の出 が21日までの展示ということで 見ておきたいなあと出かけました。
その絵は 照明のせいなのかな、と あたりを見回して探ってみるほど、絵 そのものから光が発しているようでとてもきれいでした。
でも それよりもこころに響いたのは 後半 晩年になってから、目が良く見えなくなってから、の絵ほうで、その力強さに 驚きます。
目でみえるもの ではないものを 見ていたのかもしれませんね、モネは。
そんなことを思いました。

a0236300_2113642.jpg

さてその前に。
お友達と待ち合わせて こちらへ。
祇園 なかはら
二度目の訪問。今回も満足 満足。
それにお昼のお客さんは私たち二人だけで お店独占。
ゆったりと楽しませてもらいました。

目的のもう一つ なかはら からすぐの場所で kimono gallery 晏さんの京都展が開かれているので そちらへ顔をだしました。
良いセレクトの 求めやすい品物が多いので危険地帯ですが、お目当ての夏用ショール 会津からむしの糸の入ったものを 手に入れて こちらも満足でありました。
[PR]
by fuko346 | 2016-03-19 21:31 | 展覧会 | Comments(4)
Commented by camelstraycat at 2016-03-19 23:45
風子さま こんばんは。
モネは私も晩年の視力が衰えてからの絵の方が好きです。視力が衰えてもあれだけの絵が描けるんですから、案外、白内障も老眼も怖くないなと、へんなところで自信を持ったりしました(笑)
ちょっと霞んだような帯周りの色目、お写真でも伝わってきます。すてきな結城だわ。色んな帯を受け入れてくれそう♪
Commented by fuko346 at 2016-03-20 10:01
camelstraycatさん
こんにちは コメントありがとうございます♪
そうでしたか やはり晩年のものが好きですか。不思議な
美しさと力がありますよね。
取り合わせの色目 わかりますか。
でしたら うれしいです。
帯もきものも実物のほうが きれいなので、写真が上手く
撮れないと 品物に申し訳なくなってしまうのです。
Commented by 朋百香 at 2016-03-20 16:01 x
風子さま
ニュアンスのある色ってカメラで捉えるのは難しいですよね。私もいつもデジカメで撮るとこんな色じゃないのに・・・と、不満ですが、さりとて一眼レフに変える気もありません。フフ
風子さんの文章からお着物と帯の色、感じとっています。
モネの絵も然り。人間の目なんてあてになりませんから・・。絵も観るより感じ取る方が正しい見方かもしれませんねぇ。
Commented by fuko346 at 2016-03-20 20:57
朋百香さま
わたしの持ちものは ほぼ 灰色が混じっているような
ぼんやり系が多いので そのままの色が出ません。
う~~んと思って言葉を添えてしまいます。
といって 同じようにいいカメラを、とまでは思いません
ですねえ。

絵って結局 その人の中身が 現れているものだなあ、と
今回 再認識したのでした。
または 見えているものは人によって違う、ことも。
うまく言えませんが あのモネの絵がこころに響くのは
形を越えた 真実、がこちらに伝わるのかなあ、とか。