月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

川古温泉 浜屋旅館 (群馬極楽温泉旅2)

翌日は 少し歩きましょうか、と たくみの里へ。
a0236300_1248521.jpg

宿場町を利用した 施設で 見て歩き甲斐のある場所です。
あっちこっち 覗いて歩いて 小さなお買い物をして これぞ楽しみ。
そしてお昼は 美味しいお蕎麦。
a0236300_12501461.jpg

美味しいコーヒーも飲んで。
けっこうな時間 ここにいてしまったのでした。
工芸品やら 土地のものやら 見て歩くと すぐに時間がたってしまうのです。

a0236300_1252162.jpg

二泊目は
川古温泉 浜屋旅館
群馬県利根郡みなかみ町相俣2577
カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉
部屋からの眺め。
車を出してくれたお友達は こちらのお湯に立ち寄り後、帰宅。
残った二人は温泉三昧。
a0236300_1256585.jpg

夕食。
少なめ、を選択しましたが 十分です。 残すことに罪悪感を感じてしまい、かつ ここでお腹いっぱいになってしまうと そのあと 温泉に入れなくなるので これでもか、という量は必要ないのでした。
少なめ、を選べる宿が増えるといいのですが。
こちらは 私にとって理想的なお宿。
清潔な部屋、地のものがやさしいお味に料理された食事、家庭的な接客、豊富な良いお湯(ぬるめ) 泡付きたくさんが こんこんと。
それにこういう地味なとこには 目的が温泉、観光ではない人が多いので 静か、なのでした。

翌日 宿の方に最寄りバス停まで送ってもらい、上毛高原駅へ。
a0236300_1384165.jpg

駅近くのお店。
こちらも美味しくいただきました。
ま、お昼は 三日間 蕎麦、です。
それも含め この三人旅は 極楽旅。
それとなくお互いを気遣いながら でも それぞれ自分勝手。
お風呂には 何度も長時間入っており、お酒も少々。
三人ともきもの好き 工芸好き。 ちょこちょこ見て回りたい。道の駅で土地のものも買いたい。
二湯で いったい何時間 お風呂に入っていたかしら。
ここまで堪能したのは はじめて、です。
送迎してくれた友達に感謝、三日ご一緒してくれた友にも感謝。

この美しい日々は 記憶に残ることでありましょう。
[PR]
by fuko346 | 2016-04-14 13:26 | 山と温泉と旅 | Comments(4)
Commented by Medalog at 2016-04-14 14:56
上京中の記事、まとめて拝読しました。
ご実家でもご両親のことなど用事は多いと思いますが、お出かけの機会も多かったようで、綺麗なものもたくさんご覧になったのですね。
そして素敵な温泉、お料理、羨ましいです!

それにしても、もう胴抜きの時期ですか。少し前まで羽織やら道中着やら着ていたのに、本当に春が短くなりましたね。
Commented by fuko346 at 2016-04-14 22:06
medalogさん
はい 介護仕事 家仕事 が 主目的ではありますが、
このさいなので 遊ぶぞ~~~です。
今になって ほんとにこころから 遊べるようになりました。

気温 乱高下、今日は暑いくらいでしたが 明日はここらあたりは けっこうひんやりの予報です。
もう 日替わりの 更衣ですね~。
この頃は 上着がれば 寒い、ということはないので、織りは みんな胴抜きか単、です。
真綿の袷って 一、二月くらいしか着られなくなってしまいましたね。
Commented by kaori at 2016-04-14 22:42 x
年取ってからの友達で
気ぃ遣わなくて、価値観が似ていて、
いいなぁ~と想うものが似ていて、
温泉好き 
なんてまぁ シアワセものでしょう^^
Commented by fuko346 at 2016-04-15 09:17
kaoriさん
はい。
今回ほど 温泉を堪能したのは はじめてです。
ぬるゆ、ということもありますが、カラスの行水の人と
いつもは一緒なもので、、、。
温泉好きの方向が同じ、三人というのは得難いですね。