月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

メディチ家の至宝

a0236300_20384813.jpg

a0236300_2195450.jpg

a0236300_20395824.jpg

東京都庭園美術館 メディチ家の至宝 展 へ きものつながり のお友達と行きました。
きっと宝石類もお好きなはずと 頭に浮かんだ方。

きもの 前回と同じ 綿薩摩の糸と大島の糸の単衣
帯   自然布(楮だったか?) 藍絞り
どうも 私は 藍絞りが好きみたい。この帯はもう20年以上前にきものを普段に着だしたころに ふと 伊勢丹の呉服売り場でセールに出ていたものに 目がいって購入したもの。
ちゃっかりと先日の 緑の絽ちりめんの帯あげ 使っています。

展示は 宝飾品は ものすごく手が込んでいて 美しくて ため息がでるものでした。
権力が集中すると こういうものが作れるのか、ということと ヨーロッパの技術、すごいなあ、というものと、ないまぜな感想です。
小さい作品がほとんどだったので そう感じたのかもしれません。
日本の根付けの 細かい装飾を 彷彿とさせるものでした。
使ってある宝石は すごいのですけれども。
メディチ好きの 私としては 肖像画がたくさん出ていて うれしかったです。
かの ロレンツォ・イルマニーフィコ にも 間近で しげしげと対面。
書籍などに 載っている写真は小さいものですから 本物を拝見できて 期待していなかっただけに、得をした気分です。
ウフィッツィへ行ったは行ったけど 膨大な作品で見切れなかったし 高いところにかかっているものは よく見えないのです。
それを目黒 で 見られるとは、感慨深し。
あ、また フィレンツェ 行きたい。

a0236300_20554239.jpg

待ち合わせは お友達が席をとっていてくれた 八芳園。
優雅に お食事。
その前に 駅から向かう途中 前をすいすいと軽やかに歩いていくきもの姿に気が付いて あ、その帯は。
えみさ~~~~ん。
池田重子さんのお店が近い、というので そちらも連れていってもらって あれこれ。
女将さん(といっていいのかしら) とも お話をさせてもらって 大満足。
で、ほぼ きもの話に終始 する、という得難い時間を 楽しませてもらいました。

そして夜は夜とて 新宿で久しぶりに会う お能つながり のお友達と食事をしながらおしゃべりを楽しみました。
山里の暮らしと 違いすぎる、、、う~~~~む。



[PR]
by fuko346 | 2016-06-11 00:38 | 今日のきもの 夏 | Comments(2)
Commented by 神奈川絵美 at 2016-06-14 23:36 x
こんにちは! 過日は楽しかったですね。ありがとうございました。
風子さんの帯は今の時季に溶けこむような、寄り添うような風情で、着物にもよくなじんでいて、とても素敵でした。
ルネサンス期の、市民バンザイ!資本主義バンザイ(?)な気風、いいですよね。宝飾品は予想以上に細密で驚きました。こう、なんというか、小さきものに思いを込める思想文化があったのでしょうか。御守り代わりとか…。
Commented by fuko346 at 2016-06-15 14:29
神奈川絵美さん
ほんと 楽しかったです。ありがとうございました。
絵美さんの帯を 行く先にみつけたときから わくわくの時間がずっと続きました。
池田も一度 入ってみたかったので 満足です。

小さい宝飾たち。
きっととても私的な 身近なもの、の展示が多かったのかなあ、それが魅力的だったなあ、と思い返しています。
また一つ あの時代への想いが深まりました。